• 0
  • 0
  • 0

今頃、冬のダメージに驚いています。

チョット遅くないかと思われますが、今頃冬のダメージに驚いています。
冬、あまりの寒さに水道管が破裂したんですよね。
緊急処置として水道管を元栓から止めました。

それほど寒い時期があったのです。
それから春になり、水道を復旧させたところ・・・・・
お風呂場の殆どのカランから水が漏れています。

温浴施設のカランって一定時間出ると自動でお湯や水が止まる仕組みです。
出しっぱなしで席を離れるお客様も多いからね。
そんなわけで殆どの温浴施設のカランは一定時間出ると自動で水が止まる仕組みになっています。

その分内部の構造が複雑になっているんですね。
それが、凍結するとどうなるか考えもしませんでした。

また過去に経験もありませんでした。
だってお風呂場が凍るなんて考えられませんよね。
それが今回全て凍ったのです。

結果カラン内部で凍ってしまい殆どのカランは壊れてしまいました。
仕方ないので現在修理しています。

それにトイレも一部壊れ交換だそうです。
男の方のトイレも水が出なかったり、止まらなかったりでダメージは少

洗面所の水洗も錆が出ていたので交換します。

なくありません。

水の方がこんなに被害が大きいなんて・・・・・
明日は設備の点検に入ります。
最も心配するのは空調システム
当館の殆どの空調は冷水や温水を循環して車のラジエターのような部品に相当するファンコイルでそこに空気を吹き付け冷房や暖房をしています。
こちらも基本的に水を浸かっているので深刻なダメージが予想されます。

今頃心配しても仕方ないのですが、冬に突入する際に専門家にちゃんと見てもらえばよかったと思いましたが、当時は年内再開の可能性もあったのでそれどころじゃなかった訳です。

今回の失敗は楽観と現実を混同してしまったことにあるようです。

ピンチの時には楽観も希望になりますが、最悪を想定した備えも大事だと感じました。

高い授業料となりそうです。

タグ:
凍結被害
高い授業料

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ