• 0
  • 0
  • 0

本当はコンピューター上では戦争中なんだそうです。

こんにちは。現在、国会では集団的自衛権でもめていますね。
余計なこと言えませんが、憲法改正しかないんじゃないですか?
ハイ、それ以上言いません。

所が現在、実は世界中が戦争中なのだそうです。
それがサイバー戦争という戦争です。

例の年金情報流失問題も、例のアジアの大国が仕掛けたサイバーテロだという方もいるくらいです。

この分野ではに日本は20年遅れていると言われています。
特に役所が遅れていると言われています。

北朝鮮や中国などは非常に進んでいるんだそうです。
世界でも優秀なハッカーをヘッドハンティングしてきて、コンピューターをハッキングしているのだそうです。

これぞ電子戦争または、サイバー戦争というのだそうです。
国家の安全保障に関する事なので、至急の対応が必要ですよね。

当館も多くのお客様の名簿を持っています。
今後は、管理を厳重にしないと流出したりすると、お客様にご迷惑をお掛けする事になります。

松之山のベネッセ事件にならないようにしないといけませんね。
お客様名簿は、現在僕のパソコンで管理しています。他の職員はどこにあるかも知りません。
ただ、パソコンはネットにつなっています。
今回の事でどう管理したらよいか再度検討しないといけないですね。

今後はUSBメモリーで管理し、使うときだけPCに繋ぎ使用する予定です。
USBメモリーは使用しない時は金庫で管理します。
これで一応ミスが無い限り流出のリスクは格段に減ると思います。
今回の年金情報流出で、当館もちゃん取り組むきっかけになりました。

タグ:
情報流出のリスク

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ