• 0
  • 0
  • 0

アメニティグッヅを見直しています。

そもそも、アメニティって何?

皆さん、アメニティってご存知ですか?
ネットで調べると

アメニティ

快適性、快適な環境、魅力ある環境などを意味する語、つまりは、「住み心地のよさ」「居住性(のよさ)」を表す概念である。
Wikipediaより

とあります。
ええ??意味わからない?と思いますよね。

アメニティ グッツ

ホテル・旅館などの浴室や洗面所に用意されている、シャンプー類・石けん・歯ブラシ・かみそり・くし・シャワーキャップ・化粧品などの備品。特に、1回分程度の小分けになったものや簡単な作りで使い捨てにする、客が持ち帰ってもよいものをいうことが多い。
コトババンクより

つまり、業務用の石鹸などの事を言います。
私はプロとして、他の施設に行くとアメニティグッズも気にしています。

十日町の日帰り温泉の現状は?

十日町に日帰り温泉で、お金を掛けている施設は?
勿論当館ですが、次は明石の湯が結構良い商品を使っていました。
※最近は確認できていませんがm(__)mn

そんな観点から施設を見てみたらどうでしょうか?

その、アメニティグッズですが、当館のボディソープを見直しています。
現在はオリジナルのボディソープとシャンプーを使っていますが、品質が安定していません。
水っぽくなったり、色々な不安定な要素が最近多いのです。

そこで、見直す事にしました。
オリジナル路線を行く場合もありますし、既成の商品を使う場合もあります。

当館のアメニティグッズの考え方

現在、評判の良い既成商品を取り寄せています。
でも、例えば変わったとしても、現在の商品が無くなってから切り替えることになりますので、7月か8月のお盆過ぎには変わると思うのですが、現在の使用してるものを変えるのは確実です。

温浴施設の業務用のボディソープっていくら位かご存知ですか?
安いものは20ℓ3,000円台から販売しています。
高いものは9,000~10,000円台の商品もあります。
その差3倍です。
施設の姿勢だと思うのですが、どうせ無料のアメニティグッズだから、安いものが良いと思っている施設も多い事も現実です。
当館も昔そうでした。
現在は許す限り高品質の物を提供したいと考えています。
100%満足するものは無理ですが、大多数の方が良いと思える60点から70点を目指していくのが正解だと思います。

シャンプー/リンス/ボディーソープなどの浴室アメニティは、毎日お客様が利用するものですコスト削減しやすい部分です。

実際、日帰り温泉では馬鹿にならない量のアメニティグッツを使っていますからコストを削減しようとすれば、有名メーカーから無名メーカに、シャンプー+リンスからリンスインシャンプーへと変更することでコスト削減が可能です。

でも男性でも自分のアメニティを持ってくる人がいるくらいですから、女性の浴室アメニティへのこだわりは相当なものだと思います。

ですから、男性の浴室がリンスインシャンプーだとしても、少なくとも女性の浴室にはグレードの高いアメニティを置く事も考え得られますが・・・・
実は当館でもやった事があります。
しかし、男性側から不公平だとクレームが来ました。

また、全ての人の好みを満たすことは不可能ですが、カラン毎に異なるアメニティを置き、全体で数種のアメニティを扱うと、お客様に選ぶ楽しみを与え喜ばれますが、今度は管理に膨大の時間とコストがかかるという悩みに直面します。

色々悩みもありますが、お約束します。

現在アメニティグッズの変更を考えていますが同等品か、さらに良いものに変えます。

現在候補が3種類くらいに絞られてきました。
最終的には女性スタッフに決めてもらう予定です。

何故なら、アメニティグッズに敏感なのは女性でが圧倒的に多いですから。

タグ:
アメニティグッズ

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ