• 0
  • 0
  • 0

飯綱にリンゴを取りに行ってきました。

軽トラ 湯の山号で行ってきました。

軽トラ 湯の山号で行ってきました。

こんにちは、今日もお天気がとてもよかったです。

本日は、飯綱の丸茂ファームさんにリンゴを取りに行って来ました。
車の運転眠かったな~

昨年暮れにいつもより多めにリンゴを仕入れさせていただきました。
と言うのは、1月の末頃よりリンゴの需要が高まるのと言うか、リンゴありませんか?ってリクエストが多くなるので、今年は少し多めに年末に仕入れておきました、が・・・・・

それも、今日の午前中ですべて無くなりました。
多めに仕入れれば、それはそれで需要が高まり、結局早くなくなっちゃうんですよね。

なぜ?こんなにリンゴが人気なのか?
それは、ナステビュウ湯の山で販売しているリンゴが美味しいからなんですよね。

ナステビュウ湯の山のリンゴではなく、飯綱の丸茂ファームで作っているリンゴが美味しいからですよね。

お客様の中では、飯綱のリンゴしか買わなくなりましたっていう方もおいでです。
チョット待ってください。
本当は半部しか正解ではないのです。

飯綱のリンゴは気象条件に恵まれ確かにおいしいです。
しかし、丸茂ファームのリンゴは栽培方法に秘密があるのです。

秘密は、普通のリンゴよりアミノ酸が豊富になるような栽培方法を取っているのです。

リンゴの美味しさを測る指標として、糖度があります。
同じ糖度のリンゴなら、アミノ酸が豊富なリンゴの方が絶対美味しいのです。

しかし、このアミノ酸って厄介で、測れないのです。
そして、肥料も高価です。

最終的にリンゴになって、2個並べても多分わからないはずです。
見た目は同じでも、手間とお金を掛けて生産しているから、美味しいリンゴになるのです。

愛情が豊富なんですよ。
それが、僕が飯綱に4年も5年も通って到達した結論です。
だから、当館は丸茂ファーム以外のリンゴは仕入れいません。

その結果、ナステビュウ湯の山で買うリンゴは美味しいって評価をいただいているんだと思います。

そんなリンゴですが、電話したら、まだ残っているというので本日16箱譲っていただいてきました。

今回は少しですが、サンフジとシナノゴールドが入荷しました。
シナノゴールドは生絞りジュース用のリンゴにします。
勿体無いでしょ、普通に食べてもおいしいのに、ジュースにするなんて。
でも、ジュースにするとさらにおいしいですよ。

本当は、20箱以下では取りに行きたくないのです。
だって手間かかるし、それに見合う手数料が・・・
まっ色々あいりますが、お客様の笑顔の為に頑張りました。

今回、100%丸茂ファームのリンゴで作ったジャムとジュースも併せて入荷しました。

よろしければ、お試しください。

タグ:
丸茂ファーム
美味しいリンゴの栽培法
飯綱のリンゴ

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ