• 0
  • 0
  • 0

カブトムシのエサ(幼虫用マット)の試作をしてみました。

きのこ工場で廃菌床をもらってきました。

きのこ工場で廃菌床をもらってきました。

今日は僕がお休みなので、一日色々やってました。
午前中は、前からやって見たかったこと。

地元の素材中心でカブトムシの高栄養マットの試作をしてみたかった。
狙いは、高栄養のカブトムシが大きく育つ、高性能マットの自作です。

色々調べたのですが、3重発酵させてマットを完熟させてみたいと思いました。
材料はナメコの廃菌床→工場から160キロほど貰ってきました。(無料)
小糠20キロ位(近所のコイン精米機から貰ってきました。※無料)
トレハロース約2キロ(1,000円位)
麹200g(二袋¥800位)
ですから、160キロ全部で約1,800円位かけました。

image

これから、よく混ぜて完成です。

悪臭がすると失敗です、成功すると醗酵臭のいい匂いがします、困るのが酸っぱいにおい?これって成功?失敗。

今回は麹菌を入れて発酵させて腐食をさせないようにしようという試みです。
さて成功するか。

これが成功したら、今度はコメのとぎ汁から培養した乳酸菌で2次発酵させる予定です。
ダメだったら、ヨーグルトの乳酸菌を使います、自宅にカスピ海よーぐと菌もたくさん育てていますからね。

二つの配合を作りました。
A配合
廃菌床80キロ
小糠 10パーセント(容積比)
トレハロース 1%(重量比)

B配合
廃菌床 80キロ
小糠 20パーセント(容積比)
トレハロース 2%(重量比)

1週間か10日位で成功すれば麹菌が全体に廻ると思います。
麹菌は高温を嫌うので、今頃が丁度いいですね。
失敗すると、何も起きないで、次第に腐敗臭がしてきます。
多分?

小糠を入れたので、麹菌と相性がいいのでは?
調べても分からないので、試作してみました。

タグ:
カブトムシマット
カブトムシ幼虫マット

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ