• 0
  • 0
  • 0

副腎を鍛えて、風邪やアレルギーに打ち勝つ。

クマノミにとってイソギンチャクはバリアです。

クマノミにとってイソギンチャクは身を守るバリアです。

おはようござます。夏場にできるお風呂にまつわることを書かせてもらっています。
本日は「副腎を鍛えて、風邪やアレルギーに打ち勝つ」について書かせてもらいます。

副腎ってどんな器官

人間には脇腹の後ろに腎臓って臓器が対であります。
そしてそこに寄り添うように、小さいですが副腎という臓器があります。

この副腎の主な働きは身体に必要なホルモンを作りだします。
代表的なホルモンが副腎皮質ホルモンなどがあります。
あれ?何か聞いた事あると思いませんか?

アトピーなどの治療薬として有名ですが、実際は脳腫瘍から皮膚病までさまざまな病気の治療に使用されている、非常に用途の広いお薬です。

そして、もう一つ性ホルモンとかも分泌していますが、あのアドレナリンやルノアドレナリンなども副腎で作られています。

主に、この臓器が担っているのは、体の防御反応で私たちを病気から防御してくる盾のような存在です。

サボり屋の副腎

この有りがたい臓器なんですが、実は大変怠け者で、すぐにサボりたがります。
最近は夏は冷房、冬は十分な暖房が確保され室内にいる限りでは、汗を書いたり、寒さに震えたりしません。
この環境こそが、副腎を怠けさせる原因となっています。

この臓器を鍛えるには!

この臓器を鍛える簡単な方法は、体を水で冷やす事です。
副腎は温度差による刺激に非常に良く反応する事が解っています。
ですから、お風呂で十分温まったら、水風風呂等で体を冷やし、さらに許せば何度かその工程を繰り返す事が凄く有効です。

そうする事により血行も良くなり、体のバリアも強力になります。
実は私もお風呂に入るときは必ず冷水シャワーで身体の表面を冷やしてからお風呂から上がります。

体の芯は温まっているので、表面の刺激だけで、すぐに体はポカポカと温まってきます。
そのおかげで、花粉症も弱い症状が発症していましたが、今はは全く関係なく、蜂等に刺されても、それ程腫れずすぐに治ります。
風邪も、寝込むような風邪は最近引いていません。

だから、今なんです。

花粉症にはまだ早い、風邪なんて冬でしょと思っている貴方。
鍛えるには訓練期間があって、すぐ効果は出て来ません。
小さなお子さんだと3週間くらいで効果が出るのですが、大人は3か月位かかるようです。

だから、なるの今の時期、身体を冷やしても、それ程苦にならないでしょ。
これが冬からいきなり始めると、震え上がってとても無理です。
貴方も、今日からお風呂に入ったら冷水シャワーか水風呂で身体を冷やす習慣を付けましょう。

関連記事

タグ:
冷水浴
副腎
副腎を鍛える
身体のバリア

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ