• 0
  • 0
  • 0

販促の衝撃的事実、社長!そろそろ気が付こうよ。

page1やや刺激的なタイトルですが、最近思う事があります。
当館も「湯の山ニュース」の新聞折り込みを再開しました。
勿論当館の近くだけですが、トータルで毎月6,000部新聞折り込みしています。

そこで最近、ますます感じることがあります。
今日はその事に付いて書いてみようと思います。

新聞折り込みの一般的な反応率

皆さんは、新聞折り込み広告の一般的な反応率ってどの位だと思いますか?
広告を出す方は、「恐らく一桁でしょ?多分5~8%位?」と思うかもしれません。
まだその数字を期待するでしょうが、実際はとんでもない実績です。

ちなみに反応率って、広告を見てお店に来る方の数って考えてください。
ネットで調べてみると、とんでもない数字が出てきます。
例えばここでは
普通は0.01%から0.03%だそうです。
良くて0.1%~0.2%
つまり、当館に置き換えると6,000部のチラシをまいて、普通に来る見込みのお客様は0.6人から1.8人で、反応が良くて6人から12人来店してもらえれば大成功って事になります。

他にもここでは
一般的には0.01%と言っています。
つまり当館のように6,000部新聞折り込みに撒いたら、見込み客は0.6人だという事です。

これって広告を出す側にとっては衝撃的な数字ですよね。

なんでやねん?

苦労して、かっこいいチラシを作って、新聞に折り込んだのに・・・・・・
それによって来店してくれたお客様は例えば十日町全域20,000部折り込みチラシを入れて→来店してくださる見込みのお客様は?

2人から4人 ガーン

ですよね。(笑)
それが現実ですよ。
あまり期待しぃちゃダメですよ。

よく考えると

でも、新聞を購読しているお客様にとって折り込ってどうなんでしょう?
新聞を取っている家庭にとって、新聞折り込みっておまけ的な物でしょうか?
もしかすると、ごみなんじゃないの?
邪魔者かもしれませんよね。
受け手はこんな感じだと想定しなけれがいけませんよね。

さらに、怖い話を聞きます。
最近、ますます新聞折り込みの反応率が落ちてきているんです。
さらに、衝撃的なお知らせですよね。

なんでそうなるの?

苦労して、頭を使い、お金も時間も使い、苦労して折り込んだのに、反応率が0.01%なんて、あまりにもむご過ぎますよね。
なんでそうなるの?
それは、内容が売り込みになっているからなんです。
全然、興味ないのに、さらにゴミ箱入り確実なのに、売り込んでもらっても、うざいだけですよね。

これが反応率に表れています。

売り込みって嫌われているんですよ。
だって、顔を見るたびにレ友達Aは「これ買って、ア買って、良い品物だからさ!」とかいう友達が好きですか?
そういう事なんです。
逆に一緒にいても、友達Bはなんか楽しいし、色々知らないことも教えてくれる友達は好きですか?

広告や販促も同じです。
そろそろ、気が付きましょうよ販促担当の方や社長さん。

売り込みはお客様に嫌われているって事を

当館の取り組み

当館も毎月1日に、津南や松代松之山の地域に「湯の山ニュース」新聞折り込みとして入れています。

なんでそんなに、効果がないものなのに?
所が実績はそうではないのです。

当館の目標は反応率3%を目指しています。
3パーセントって?
一般折り込みの反応率の300倍だなんて!
ちょっと、ちょっと、天狗になっているんじゃないの?と思われるかもしれません。

要するに6,000部折り込んで180人来店してほしい訳ですよね。
3月は少し足りなくて160人の方から来店していただきました。
4月は180人を達成したいですよね。

そして5月は200人くらいを目指しています。

何故反応率が良いのか?

では?当館の折り込みはなんでそんなに反応率が良いのでしょうか?
実際にスタッフが登場しているから?
毎月、おまけのクーポンがついているから?
近くの足元商圏だけに折り込みしているから?

でも、僕は最大の理由は「売り込みをしていないから」だと思うのですよね。
だって湯の山ニュースには入館料すら書いてないもん(笑)
売り込みは皆無です(笑)

その代わり、色々な情報や色々な温泉の知識を書いてある。
つまり上で紹介した友達Bを目指している訳です。

そろそろ気がつこうよ、社長さん

こんな風に、売り込みは嫌われるんです。
最近ますます、その傾向は強まっています。

そろそろ、気が付いて方向転換していきましょうよ社長さん。

と言う感じで、最近感じたことを書いてみました。
失礼が有ったら、お詫びします。
ってか僕の存在そのものが失礼だよね(笑)

タグ:
反応率
新聞折り込み
新聞折り込みの反応率
販促

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ