• 0
  • 0
  • 0

修繕や掃除の大切さ!僕のある経験から。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボルネオのホテル、名前忘れた(笑)

今年旅行に行った、マレーシアのボルネオのホテルでは、細かい事は色々あります。
例えばお風呂の排水が抜けが悪いとか。
日本では考えられない事ですよね。
その国の建築技術の差もあると思うのです。

例えば床の仕上げ。
レベルが低いと思いました。
そして天井の収まりも???の部分もありました。
それは海外だもん、仕方の無い事だと思うのです。
そう言えば、世界的な建築家の安藤忠雄氏が講演で、日本の建築技術は世界一だとおっしゃっていましたが、あながち外れてもいない気がします。
でも、でも言いたいことはそんな事ではないのです。
そんな変な仕上げですが、部屋でも廊下でも、建物のどこを見てもキズ一つないのです。

だれも、壊さないなんて考えられません。
発見したら即座に直す、そんな体制がちゃんとできているんでしょう。
さらに、昼間はお部屋を中心に掃除を常にしています。
昼間各フロアではルームクリーニングが当たり前のように毎日行われています。

連泊しても毎日お部屋は毎日掃除をしています。
夜には毎日綺麗な部屋で過ごす事が出来ます。
それが嫌だって人はいないと思います。
ホテルのサービスの1つに清潔というのも含まれているのですよね。
清潔が最も大事なサービスの一つです。

旅館でもそうです。お部屋の掃除が出来ていない旅館は3流ですよね。
ただ、旅館の場合は連泊はあまりないので、昼間はどうするか?です。

私はある旅館に行きました。
そこは内装も汚れが目立ち、床もシミが目立っていました。
多分、改修の費用が無くてそのまま放置していました。
そうなると悪循環で、時間が経つとさらに改修費が余計かかります。
さらにお客様もその様な状態では徐々に減って来て、さらに改修が困難な状態になるんですよね。

一番良い状態は即座に修繕する事が一番で、次は定期的に修繕を繰り返す方法がベストだと思います。
当館は別として、良い循環の集客施設はそういった事がちゃんとできているんですよね。

タグ:
メンテナンス
修繕
改修

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ