• 0
  • 0
  • 0
  • 0

革命的なほど効果的!塩で体を洗う事!

謎の壺ではありません。 中には並塩が入っています。

内風呂洗い場付近の有る正体不明の壺 謎の壺ではありませんよ! 中には並塩が入っています。

今回は、内風呂に設置してある正体不明の壺を紹介します(笑)
中には塩が入っているんですが、その理由は?

自分の経験から

ある老舗温浴施設に行った時の経験です。洗い場に大きな壺に塩が入れてありました。
良く見ると、皆さんその塩を手づかみで取って、体に塗りつけているようです。
見よう見まねで、私もやってみて驚きました。僕は男ですが、お肌がサッパリして清涼感がして、ぴ~んと引締って、さらにツルツルしていました。
たかが、塩で擦っただけなのに、この効果って凄くないですか?

塩で体を洗う効果を調べてみると

そこで帰ってきて調べてみると、ある本に出合いました。
内容を、少し紹介させていただきます。

松本永光:炉辺談話【塩浴革命】より一部抜粋
《肌は排出専門!! クリームは効果なし》
美肌のために日夜努力していらっしゃる方が皆さんの中にもいらっしゃると思います。
いくら高価な美容液や化粧水をぬっても、肌は「排出器官」ということを覚えて下さい。
赤ちゃんのようなつるつるの肌になる1番良い方法は、実は汗をかくことで、私達はただ、汚れと皮脂を排出してくれる汗をお湯で流すだけで十分なのです。

自然塩浴という方法

自然塩浴は、塩を皮膚からしみこませるのではなく、塩を体に塗って、汚れや不純物を取り除き、皮膚の持つ本来の機能を回復させることが目的ですョ。
自然塩浴をすれば皮膚呼吸を活発 にし、体の自然治癒力を向上させるといわれているんです。

ではここで、その手順を紹介しますねぇ。

  1. かけ湯をして浴槽で温まります。体を温めるのは、毛穴を開かせる目的もあります。
  2. 頭から足へ、塩を全身に塗って下さい。塩をまんべんなく塗る際は、必要以上に擦らないで下さい、塩の結晶で皮膚が傷つく恐れもあります。
  3. 塩を全身に塗り終わったら、お湯で洗い流がしてください。必ず良く落としてからね、塩を付けたままお風呂には入らないで下さいよ。
  4. 再度、お風呂で十分温まってください。
  5. 仕上げとして、冷水浴しましょう。
    塩浴はこの冷水を浴びることにより、さらに皮膚が引き締まるからです、効果倍増間違いなし。
  6. タオルで全身を拭いて下さい。濡れた髪はタオルで拭きとり自然乾燥が原則で、ドライヤーは厳禁です。  

※ 塩浴の後は、清涼感や肌のつるつる感を御体験ください、きっと気分そう快です。

使用している塩は

当館で使用している塩は、一般的に販売されている「並塩」を使用しています。
これは天日塩を精製した塩で、苦汁分が多い食塩で、価格も手ごろで体に優しいお塩を使っています。
最近は、お塩の効果を実感している方が増えて、徐々に使用料も増えてきています。

貴方も騙されたと思い、是非自然塩浴を実施してみてください。

タグ:
塩浴

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ