• 0
  • 0
  • 0
  • 0

久しぶりに、スタッフで日帰り温泉に行ってきました。

昨日は、金曜日で全員が集まる日でした。
全員と言っても4人しかいませんが・・・・・・

今まで何か所か見てきました。
最近は良く見るために、感想を言ってもらうようにしてもらっています。
その施設の良い所
そして、悪い所。
全体の印象!

内容は公表しないので、結構厳しい意見が出ます。
特にスタッフの対応は全体的に厳しい意見がでます。

マニュアルのある一部の施設は、誰でも同じような接客ですが、それ以外の施設ではあまりその事を感じません。
総じて第三セクター方式の運営施設は無表情な施設が多いんですね。

何が言いたいか?
良い所は謙虚に取り入れ、悪い所は人のふり見てわが振りなおせ、って事なんです。

そして視点を、運営って目で見ると全然見る目が違います。
大変だろうな~とか見えてきちゃいます。

まして、当館のスタッフも一応プロです。
プロが見る目って違ってくるんですよね。

さて、昨日行った施設でしたが施設は古い施設ですが、よく清掃されていました。
トイレも綺麗でしたし、埃やゴミなども全然ありませんでした。
拭き掃除も綺麗にされていましたし、こうなると基本的な部分はオッケーですよね。

そして、帰って来てから各自感じた事を発表して、僕は事前に下見してきています。

こんな部分を感じてもらいたいから、スタッフを連れて行っているので、その点の感想やねらいなどをお話して終わります。

ただ、個人で楽しんでいく日帰り温泉と、仕事の目で良く日帰り温泉では全然違います。

次回は群馬県の鈴森の湯を予定しています。
こんな風にスタッフの目を養う練習をしているのです。
ついでに、お食事もしてきましたが・・・・

量は多めでしたが、全員が完食でした。

皆さんの感想は美味しかったと言う事です。
でもおいしいから、繁盛していると言う事と別問題なんですね。
折角美味しい食事を提供しているのだから、どうやったら沢山の方から食べて頂けるようになるか、これも課題ですね。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ