• 0
  • 0
  • 0

ライバルは気象庁です。(笑)

179009こんちは、昨日気象庁が3か月季節予報を発表しましたね。
実は僕も今年の夏を予想しています。

その投稿は「2015年夏の気象を占う」の投稿です。
私の場合は5月14日に発表していますから、気象庁よりだいぶ早い段階で予想しています。
今年の5月はどんな月か思い出しましたか?そうです記録的な猛暑だったのです。

その時点で、全く逆の予報って出しずらいですよね。
でも、あえて全く逆な予想をしました。

気象庁が科学的な根拠に基づいて、将来の天気を見るのは予報
所が僕みたいに趣味で将来のお天気を見ているのが予想とか予測です。
予報は外れる事がありますが、予想は当たらない事が多いですね(笑)
思いっきり言訳しちゃってますが。

ちなみに、今回気象庁が発表した新潟地方の3か月予報は

7月 平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょう。降水量は、平年並または多い確率ともに40%です。

8月 平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。降水量は、平年並または多い確率ともに40%です。

9月 天気は数日の周期で変わるでしょう。

です、参考にされてください。

話は変りますが、僕が当時思ったのが、まず異常に暖かい春が急に来ました。
それは記録的なほどです。
そんな異常な現象が続くだろうか?
気象は3ヶ月で大きく変わる可能性があります。
だから、当時の異常に暑い春は続かないだろうと思いました。

それと、今年はブナの実の豊作でした。(ブナの花が沢山咲いていたので)
これは言い伝えで、ブナの実が豊作の年は冷害だと言う言い伝えがあります。
その点からも、今年は冷夏だと思いました。

さらにエルニーニョ現象が活発になってきたこと。
エルニーニョが冷夏をもたらすとは限りませんが、冷夏の可能性が高い実績があります。
でも、エルニーニョでも猛暑の年も有ったりして、イマイチ分らないですね。

それともう一つ、早期の台風の発生数です。
気象庁の過去の大風の発生数を紹介したページがあります。
それによると、今年は5月に7つの台風が発生していました。
当時はまだ6個でしたが、私は過去の台風が多かった年の夏を調べてみました。
すると過去60年間で、5月に6~7個の台風が発生した年は3回あって、いずれも異常な冷夏だったことが分かりました。

それから最近こんなページも見るけました。
2015年今年の夏は冷夏に?!

僕と同じことを言っていますねって言うか、ほぼ同じです。
つまり春に台風が多く来る年は、冷夏になる可能性が高いって事です。

こんな感じで、今年の夏は冷夏じゃないかな?と思い今年の予測をしました。

でも、少し自信が無いのでやや控えめの表現になっています。
ではその予想は↓

今年入梅は早めで、雨が多いでしょう。
梅雨明けは、遅めか、梅雨明け自体、分らない事も有ると予測します。

そして夏は冷夏の傾向ですが、極端に熱くなる猛暑日も、何日かあると思われます。

特に今年の夏注意したいことは、大雨です。
地域を限定とした、集中豪雨については十分な注意が必要だと思っています。

すでに入梅は早く雨の多い梅雨ってとこが予想と外れいるし(ー_ー)!!

マッ予測ですからね。
と言い訳しています。
当時のお告げはこんな感じでした(笑)

ブログの過去記事の内容修正しちゃおうかな⇒ボソ

タグ:
今年の夏の予想

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ