• 0
  • 0
  • 0

将軍様サイル飛ばすなよ!

今日は国防とか防衛について考えてみました。

最近、北朝鮮がまた日本に向けてミサイルを発射しまくりですよね。

もし、もし、日本に反撃能力があって、うかつに日本に向けてミサイルを打ったら、逆に強力な反撃を受ける可能性があるとすると、それでもミサイル打ってきますかね。

それが、今国会で議論されている「敵基地反撃能力」の議論です。
ようするに、ミサイル打ったり、明らかに日本に向けて打つ兆候があった場合は、反撃しますよ。
と言う事ですよね。

現状は大変遺憾ですって言うだけです。
だから、安心してミサイル打てますよね。

この一番の候補は長射程巡航ミサイルですね。
要するに日本版トマホークミサイルを作ろうって事ですよね。

日本は作る技術はあるんですが、国内の世論が許さないので作れないのでいるのです。

仮にそれもやります。
自衛隊は日本軍として、他国が領土を侵略した場合は反撃します。
そして海外であっても、日本人の安全と命が危険になった場合は、軍を派遣して日本人の守りますと方針変更したら・・・・
憲法も改正出来ないでいるんです。
誰でも戦争したい人はいません。

日本が変わると一番嫌がるのが中国、韓国、北朝鮮でしょうね。
今、憲法9条議論もありますが、それが解決されれば北朝鮮の拉致問題も完全解決でしょうね。

それが証拠に北朝鮮のアメリカ人の拘束者はすぐに開放するじゃないですか?
怖いからね。
中国もスパイ容疑でご都合拘束し放題ですね。
絶対自衛隊は救助に来ませんから。
領海侵犯しても自衛隊は実力行使しない国で、向こうからすると何をやっても安心な国なんですよね。

話は変わりますが、今朝の新聞で元総理大臣の海部俊樹が亡くなったそうです。
心からお悔やみ申し上げます。

元総理と言えば、鳩山由紀夫氏がおいでですが、余計なこと言わない欲しいですね。
出来れば、外国に国籍動かして、もう日本には帰ってこないでほしいです。

そして、久しぶりに福田赳夫さんが、コメンテーターとして話をしていたのですが、内容は現在は戦争したら終わりなのだから、それはどの国も分かっている事ですから、戦争など起きるはずがないので、話し合いで解決しかないのです・・・・・・

みたいなお話をしていました。
防衛力がない国の話をまともに聞く国って遠ければあるでしょうが、近くで防衛力の無い国の話を聞く国は少ないでしょうね。頭の中がお花畑なんですね。
古い政治家だな~と感じました。

総理大臣って立派な人も多いいですが、そうでなくても務まるですね。
そんな事を感じた今日この頃でした。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ