• 0
  • 0
  • 0

売り込みは嫌われる、しつこければ尚更だ!

最近、色々なCMを見ていると、あれ?としばしば感じます。
わざわざ、お金をかけて嫌われるようなことをしている。
或いは、価格をを下げる事により、自分たちのビジネスの価値を落としてセールをする。
そんな事が横行していると思いませんか?

もし貴方が若い男性だとします。

もし貴方が年ごろの男性だとします。
好きな人がいて、どうしてもお付き合いしたいとします。

僕が昔使っていた戦法
下手な鉄砲も数打てば当たる!

これは非常に効率が悪い、さらに最近だとしつこく誘うとストーカーだと言われて、逆に嫌われてしまう恐れもあります。

今どきの若者はこんな手を使わないよね。
まずLINEで仲良くなって、彼女の好みを把握して、段階を踏んでから誘う。
その誘う際も、彼女の好みを重視して誘うようにするみたいですよね。
例えば映画だったら話題の映画「君の名は!」を見に行かないかと誘う。
あの映画女性には抜群の人気があるし、万が一見た事があっても、何度も繰り返し見ている人もいて、中には10数回見た人もいるようです。
「あの映画見ちゃった」と言われても「奥が深い映画だから、何度も見ている人もざらだし、もう一度見ると違う発見があるかもよ」と誘えばいい。
それでも断られたら、脈無しと諦めるか、再度リベンジを誓って違う方法で誘う事もありだと思います。

ビジネスの世界では?

何が言いたいかというと、ビジネスの世界では旧態依然と、僕の下手な鉄砲手法がいまだに幅を利かせているのです。

最近の電話の売り込み

例えばインターネットのBフレッツ光の契約を変えないかと言う売り込み電話。
回線の自由化でNTTの光回線の卸売が始まっていて、当社に契約を変えるだけで月々の利用代金が安くなりますよ、というセールス電話。

僕はもう会社でも、自宅でも10数回似たような電話を受けています。
こちらも意地でも変えるかって気持ちになります。

人は基本的に売り込みが嫌いですし、それにしつこさが加わり逆効果ですよね。
なりすまし詐欺で電話のイメージも悪いですしね。

YouTubeでは

最近スマホでYouTubeを着ていると、頻繁に勝手に「メリカリ」CMが入り、耳のタコが出来るぐらい聞きました。
聞きたい内容を聞いているのに、メリカリは邪魔者と言う認識が、自然に心に刻まれます。

テレビでは

例えばTV映画でもCMタイムと言ってトイレに行く時間になっています。
折角いい所なのに、このCMめ!と嫌われ物になりそうです。
スポンサーになって、お金も出して、嫌われるって本末転倒ですよね。

ビジネスも女性を口説く感じなのかな

話を戻します。

女性と仲良くなりたかったら、LINEで仲良くなって、相手の好みを把握して、、、、
っていう手順でしょ。

となると、お客様とビジネス以外の関係性を築き、お客様にあったビジネスを提供するとい事に置き換える事が出来るのではないでしょうか?

その為にはソーシャルメディアを有効に使う事は有効なんじゃないでしょうか。
今のやり方を根本的に考え直す必要があるようです。

タグ:
しつこいセールス
売り込み

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ