• 0
  • 0
  • 0

医療が温泉に近づいたと感じました。

TVを見ていたら、最近癌の治療に革命的な変革が起きているらしいのです。

その治療とは、ガン細胞を直接攻撃するのではなく、人間の持っている免疫細胞を活性化して、結果的に癌を免疫力で治していく治療に変って来たそうです。

この治療の最大の利点は、転移したがん細胞にも有効さが分かってきているのだそうです。

それって、当然の事じゃないかな。
やっと医学も人間の持つ力を最大限に利用して、治療するようになったんだな~と思いました。

何故、人間は病気になるか?
大部分は、普段免疫システムが正常なら掛からないような病気も、体が弱っていると掛かってしまいます。

例えば、教室にインフルエンザの生徒がいたとしますが、全員にインフルエンザが感染する訳ではありません。

外から、有害なウィルスが来ても、免疫細胞がシャットアウトしてくれていますが、偶々働きが弱いと感染してしまうのかもしれません。

つまり、普段から強い体を作るには温泉が良いですよ。
1週間に1回以上、半年間温泉に入浴すると、湯治した効果と同じ効果が得られるそうです。

つまり、定期的に温泉に入りましょうって事です。
そのくらいの時間は、体のメンテナンスの時間として確保する事をお勧めします。

心と体の健康のために、1週間に1回以上温泉入浴で、毎日笑顔で生活しましょう。

タグ:
免疫療法
最近の癌治療
温泉と免疫

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ