• 0
  • 0
  • 0
  • 0

見直そう日本の伝統の湯治を!

湯治は文化だ

日本の伝統文化で「湯治」があります。
昔の人は、体調を取り戻すために、一定期間温泉地で自炊しながらお風呂で疲れを取っていました。
こうした、行いは全国的で、既に殆んど絶滅状態ですが、まだわずかに残っているようです。
湯治は、日本人の健康文化で長い間熟成され完成されてきました。
折角、確立した文化です。
ここで途絶えさせるにあまりに勿体ないと思いませんか。

日本の湯治場

では、湯治文化絶滅したかと言うと、そうでもないようです。
旅館では格安で、自炊棟などを開放して1泊格安で宿泊できるようなプランを用意しているようです。
有名なのは秋田県の玉川温泉/青森県の八甲田温泉郷 酸ヶ湯温泉/岩手県の国見温泉 石塚旅館/岩手県の大沢温泉/秋田県の乳頭温泉 黒湯温泉などどれをとっても、素晴らしい温泉地ばかりです。
新潟県にも栃尾又温泉の自在館のように、湯治で連泊する方には割引して利用しやすいプランもあるようです。

湯治の標準日数

古来から当時は7日一回りとすると、3周りが標準になります。
つまり、一巡が21日になります。
しかし、現代では約一か月もお風呂に時間を割けないですよね。
しかし、毎日温泉に入浴するなら可能ではないでしょうか。
湯治では、一日3回程度入浴すると良いとされています。
大体一回り目は体を温泉に慣らすことが目的になりますので、一日1回か朝晩の2回程度の入浴が標準になります。
秋田県の玉川温泉など強酸性泉は、慣れるまでに時間が掛かるようです。
しかし、当館のように弱アルカリ性の塩化物泉はさほどショック症状は出ていませんので、それほど警戒する必要はないと思います。
その後は1日3回程度の入浴を2週間続ける事が標準になります。

また、昔から湯治では好転反応が出ることがあると言われています。
この好転反応とは、症状が一時的に悪化に向かい、その後好転するというものです。
これも人体の不思議ですよね。
玉川温泉では、皮膚がただれる方もおいでただ問う話を聞いたことがありますが、それを我慢してお風呂に入り続けると、ただれた皮膚がきれいに治るそうです。
現代医学ではにわかには信じがたいことですね。

湯治で治すのは体だけではなく心の効果も大きい。

湯治で治すのは体調だけではなく、心も治してくれるのです。
例えばウツ症状でも、軽いうちなら湯治でかなり改善すると思います。
これは、お風呂の天地効果と、開放感、体調改善などの複合効果だと思われます。

湯治に向く病、向かない病

大病後の療養、手術の後の回復など非常に当時は効果的ですが、湯治に向かない病もあります。
それはケガなどで、まだ傷が埋まっていない場合や、患部に腫れが残るっている場合、さらに進行性の悪性腫瘍などです。
特に悪性腫瘍の場合は、新陳代謝が盛んになり、悪性腫瘍も活性化する可能性があるからです。

湯治会員を3月から開始します。 

当館でも出来る事を色々考えましたが、現代では湯治が難しいと思っていました。
でも自宅で療養する方など温泉の湯治が出来るのではないか?そんな方を対象に、湯治会員を始めます。
内容は1か月間休館日(月2回)以外何回入浴しても同一料金とさせていただきます。
料金は1か月間期間中は何回入浴しても¥6,500とさせていただきます。
内容は温泉ソムリエによる温泉の知識と湯治入浴のやり方を30分程度説明させていただい後に開始となります。

あまり多くの方がいなくても良いのです。
例えば年にお一人しかいなくても、温泉の力で元気に社会復帰される方がいれば、十分だと思っています。
折角ある温泉を最大限利用して、地域の方が元気になってもらえると嬉しいな~と思っています。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ