• 0
  • 0
  • 0

知ってました、日帰り温泉で冷房病直るかも?

こんにちは、偶には役に立つ情報も上げないとね。

冷房病とは

最近はエアコンのある環境で一日中お仕事している方が掛かる冷房病でな悩んでいる方も多いと思います。
クーラー病とも言われますが、なんか古い気がしますね。
エアコン病でも良いんじゃない?
エアコンだと暖房も含まれるから×なのかな?

さてこの冷房病とは、冷房が効きすぎている室内にいたり、暑い室外と寒い室内を何度も行き来しているうちに、自律神経のバランスが崩れ、体にさまざまな不調が起こることをいいます。
代表的な症状としては、足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢、不眠など・・・「冷え」によって起こる様々な症状があげれます。
特に女性が多いようですね。

ここでのポイントは自律神経のバランスが狂うのです。
自律神経には、交感神経と、副交感神経がありますが、このスイッチが体に備わっているのですが、それが狂う事により起こります。

冷房病対策には○○がいい

自律神経のスイッチがくるっているので、それを正常に戻してあげる事が大事です。
一つの補法としてサウナがあります。
サウナに入ると交感神経のスイッチが入ります。
そして、さらに水風呂に入ると、今度は冷の交感神経のスイッチが入ります。
そして、暫く休憩すると、今までの反動と言うか、より戻しで副交感神経のスイッチが入るのです。
つまり、壊れたスイッチを強制的に入れたり出したりして直してしまう方法です。

お風呂からみず風呂も同じ効果が得られます。
このように夏場は、水風呂があったら積極的に利用しましょう。

かなり、強引な矯正方法ですが、効果抜群です。
終わった後はスッキリします。

貴方も冷房病かなと思ったら、水風呂のある施設でチャレンジしてみてはいががでしょうか?

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ