• 0
  • 0
  • 0

新しい料金システムを導入しました!

暗い顔しています(笑)

おはようございます、ナステビュウ湯の山社長の高橋です。
昨日から、日本初の料金システム休憩所分離料金をスタートさせました。

なぜ分離料金にしようとしたのか?

お風呂だけ、一回入って帰る方と、休憩所を利用して何度もお風呂に入る方と、施設の利用頻度が全然違います。
要するに銭湯として利用する方も、一般の日帰り温泉として利用する方も同一料金ってどうなの?
今までは、両方の中間地点で料金を頂いていました。

本来なら分離すべきでしょと思ったのです。
それに、休憩所の迷惑行為を何とかしたいという気持ちもありました。
それは、ごろ寝、匂いのある漬物の持ち込みなどです。
それを行う人にとっては、ごろ寝も持ち込みも、簡単だし利益もあるんですね。
もし、貴方が大切な家族や、友人と時間を作って温泉に来たけど、横の人がいびきをかきながら寝てたり、キムチとか持ってきて、臭かったりしても気になりませんか?

マナーを改善できないか?

例えばごろ寝。
貴方が、横の人が寝てて、いびきが煩くても平気ですか?
寝られるだけでも嫌じゃないですか?
多くの日帰り温泉で、その程度のマナーは容認されてきました。
例えば病院の待合室で、ごろ寝していても違和感ありませんか?

つまり、我々の日帰り温泉のビジネスは、病院とかのビジネスに比べると格下で、その程度は平気と認識されているのかもしれません。
格から行ったら最低流って事かもしれません。
そんな風潮で良いのでしょうか?

今回は座席を全て指定席にしたのは、新型コロナのソーシャルデスタンスと、次のお客様が利用する時には確実に消毒が終わっている事を徹底する事も目的の一つです。

問題は仮眠所が近くにないという問題もあります。
ステージ壇上を寝れるようにはしていますが、4人しか利用できません。

どんな秘策があるのか?

そこで考えたのが、多層化です。

計画だと、今までは最大で4名でしたが、今度は8名まで利用可能です。

しかも、充電用のコンセントとライトスタンドを装備して、ごろ寝しながらスマホを充電して、本を読むなんて事も出来ちゃいます。

今、制作集です。
来週の週末には半分は設置できると思います。

休憩所使う方は値上げじゃん!

そうです、だって施設を使うのだから。
その分、使わない方は安くなっています。
休憩所を使う方に特典も付けました。
ソフトドリンク、コーヒー、健康酢を無料で楽しめます。
私達は普通はこのようなサービスは1杯150円程度払ってます。
それが無料になるのだから、損得から考えると悪くないと思います。
営業しながら、改善だと物凄く大変です。
実はまだ全然間に合っていません。
例えばHPもまだ直していません。
今月中には、色々改善して完璧な形にしたいと思っています。

手間もかかり、エネルギー消費は半場ではありませんが、こんな時だからこそ変化を恐れず進化を目指す事は大切な事だと思っています。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/yunoyama/yunoyama.jp/public_html/blog/mikio/wp-includes/script-loader.php on line 2652