• 0
  • 0
  • 0
  • 0

お花は可憐ですが、芯が強いですよね。

当館の周りに植えたお花も綺麗になって来ました。
植えた花は2種類しかありません。

その一種類は、ジニア(百日草)の一種でタキイ種苗が開発したザハラという品種です。
色々作りましたが、一番作りやすくきれいなんです。

何年も作っていますが、種は出来ないようです。
毎年種を買って播いています。

今年は5000粒の種を播き、4000本の苗を作りました。
7月の上旬に定植しましたが、それからほとんど雨が降りませんでした。

毎日水撒きが仕事になりました。
今年は全滅を覚悟しましたよ。

それが今になってみると、ほぼちゃんと花を咲かせてくれています。
こんな可憐な花を咲かせる割には、芯の強さもあります。

しかし所々枯れてしまった苗もあります。
そんな場所は穴になって見えます。
これからはの課題は、その穴を何で埋めるか?

何で苗が枯れたか?
立ち枯れ病のせいかもしれません。

だったら同じ苗を植えても、また枯れちゃいます。

それより、立ち枯れ病に強い他の植物を植えちゃいましょう。
たまたま、ホーリーバジルの苗もあったので、その穴を埋めるために植えます。
上の写真のようになる予定です。

今日はこんな感じで空いている場所に植えました。
来月はきっと綺麗な花が咲いてくれているでしょう。

楽しみです。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ