• 0
  • 0
  • 0
  • 0

源泉井戸調査、今後の予定は?

おはようございます、源泉の自噴が止まって4日経ちました。
さて現場では動きが出ています。
現在月曜から調査のための作業班を編成している最中です。
作業班と言っても、現在はどこかの現場についている人員を、こちら側に優先的に移動させるって事です。

現場では仮設の準備は進んでいますが、まだまだ作業班は乗り込んでいません。

専門業者の方も、待機している訳ではなく、他の現場で仕事をしているの人員を移動して、こちらに来てもらうわけですので、そう簡単なわけでもありません。

月曜から作業班が乗り込んで作業を開始するという報告を聞いています。

今後の作業ですが、一番大事なのが源泉井戸の解放で、現在のバルブとかを撤去する作業ですが、ここで問題です。
何かの拍子で、源泉の自噴が始まった場合は、高温高圧の温泉が自噴した場合止めるすべがなくなります。

そこで、その為の用心として、油圧ストッパーをまず最初に取り付けるのだそうです。
これによって、急に温泉が蘇っても対応可能になるそうです。
そして、源泉井戸の水位を測り、水を送って様子を見て、それでも変化がない場合は、今度は管内に別な管を入れてエアーを送ってみるそうです。

当館の井戸の場合は96℃と非常に高温温泉の為、ポンプによる汲み上げが不可能だそうです。
そこで、エアーリフトによる汲み上げを行うそうです。

これで、源泉が枯れていない場合はエアーリフトで永続的に汲み上げが可能になるはずだそうです。

いずれにしても、やってみないと分からないのが現状です。

さらに、この作業の為に源泉井戸の周りに、10トン以上の重さに耐えるような作業台の建設が必要になるそうです。

その作業が来週からいよいよ始まるそうです。
来週末になれば、ある程度の見通しは出ると思うのです。

実は私たちは、その先のさらに先、2歩先位を考えていますが、現在は発表の段階ではないのですが、なるべく早く方向性が出せるように頑張ります。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ