• 0
  • 0
  • 0

リンゴ農家は大変ですよね。

image今日も長野にリンゴを取りに行ってきました。
今回は「つがる」と言う品種です。

昔の品種ですが、味が良くて有名でしたが、赤くなりにくいのが難点です。
美味しいリンゴなので、当店の売店ですでに販売はじめましたので、よろしく願いします。

さて、リンゴを赤くするってどうすると思いますか?
赤いリンゴが美味しいって事はないのです、見た目だけの問題ですね。

消費者が赤いリンゴが美味しそうだから売れるので、生産者も手間をかけてリンゴを赤くするようにしています。

リンゴは日光に当たると赤くなる性質があります。
だから、収穫前のリンゴは実を隠すような葉っぱを取るのです。

これが、大変な手間なんですよね。
リンゴって果樹は本当に手間がかかる果樹ですよね。
丸茂ファームの宮本さんの畑でも、今回も応援部隊を頼んで葉を取る作業をしていました。image

 

葉取り作業は重労働ですよね。

image

 

 

葉を取る前のリンゴはこういう状態です。
image-38-960x720

こんな風に日が当たるようになれば完了です。
1週間くらいで赤くなります。
image今回思い変わったリンゴを頂いてきました。
日本の紅玉ってリンゴ知っていますよね。
今でも根強い人気があります。

それは、料理に使うには他の追随を許さないほど、素晴らしいからです。

だから、当館でも少量ですが販売するとすぐになくなります。

それと同じ目的で作られているイギリスのリンゴで
タイデマイズアーリーウースターと言う品種だそうです。

今回初めて成ったと言う事で頂いてきました。
さっそく食してみますが、リンゴパイが得意な方がおいででしたら、多少持っていますので、差し上げます。

試しに私が食べてみました。
果肉は柔らかく、酸味が強いリンゴで、なるほどアップルパイには持って来いのリンゴですが、あまり紅玉のつもりで煮すぎると、溶けそうですし、リンゴジャムにも最高なんじゃないかな?

欲しい方社長まで申し付けてください。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ