• 0
  • 0
  • 0

栃尾又温泉に来ています。

imageこんにちは、今日と明日は僕が今年最後の連休のお休みです。
ですので、温泉に来ました。
温泉地→温泉宿ですけどね(笑)

色々な場所の温泉地を経験することも非常に勉強になります。
今回は栃尾又温泉の自在館さんにお世話になっていますが、僕は結構お邪魔しています。

最近は年一回はお邪魔しているでしょうか?
僕はここの下の湯が大好きなんですね。
なんと言っても不感温浴が良いですね。

午前中の書き込みでもありますが、不感温浴とは34℃~37℃と体温に近い温度のお風呂です。

最も体に優しく長湯が可能なのです。
極端に言うと2時間でも3時間でもお風呂に入ることが可能です。

image自在館の下の湯は、長湯できるように色々工夫が一杯です。
まず小さな普通の温度の浴槽を用意しています。

そして、大きな湯舟には源泉が湯船の真ん中から出るように工夫されています。

さらに湯船の中の端はベンチになっていて、腰かけられますが、このベンチが色々な高さにしてあるんですね。
4~5センチ差で4種類程度用意してあります。

中越地震以降、源泉の温度が下がった時期があり、湯船の下に穴の開いたパイプを這わせて、お風呂の温度を調整する機能も加わりました。
さらに、線質は非常に珍しい放射能泉。
この放射能泉は非常にもろく、すぐに気化してしまうほどですが、温泉の湯気も逃がさず、浴室に溜まっているんですね。

さほど大きなお風呂ではないのですが、すごい工夫してあるでしょ。
そこに行く通路も風情があるしね。

僕の好きなお風呂の一つです。

タグ:
不感温浴
栃尾又温泉
自在館

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ