• 0
  • 0
  • 0

秋葉温泉 花水 ~かすい~に行って来ました。

私が知る限り日帰り温泉が沢山ありますが、新潟県内で入館料が最高峰の日帰り温泉専門施設である新潟市新津区の秋葉温泉 花水に行って来ました。

ここって遠いのでなかなか行く機会がないんです。
僕も二度目の訪問です。

女性向けのコンセプトで流石と思わせる箇所が沢山ありました。
香りが良いよね。
実は日帰り温泉の館内の匂いって、色々な匂いがします。
温泉の匂い、飲食の匂い、嗅ぎたくない匂いなどなど色々な匂いがします。
しかし、ここの花水は館内で不快な匂いは一切感じませんでした。
結構これって大変な事なんですよね。
汚れていれば、掃除すれば解決しますが、匂いだけは根本から解決しないと無理なんですね。

多分清掃もしっかりしていると思いますし、実際トイレも綺麗だし当然匂いもしません。
この清潔度は素晴らしいです。

休憩所も少し狭い感じがしましたが、お客様の中で寝ている人もいなく、その点もお客様の層が良いのかな~と感じました。
それとも偶々?

浴室も綺麗ですが、僕はお風呂に入る前に温泉の成分表を見ます。
そこで、大体の温泉の感じが分かるから。

そんな感じで泉質を見ると弱アルカリ性・ナトリウム・塩化物温泉だそうです。
しかも、かなり成分総量が多い温泉なので、ガツンとくる感じかな?
と思いお風呂に入りました。

お風呂のお湯は良くろ過され綺麗でした。
塩素も気になるほどの匂いは無く手切に管理されている印象を持ちましたが・・・・

ガツンとくる感じが無かったので、加水されていると判断しました。
改めて成分表の横を見ると、やはり加水されているようです。
これは仕方のない事ですね。

オープンしてかなり立っているにも関わらず、メンテは行き届いているようです。

そして、僕はアメニティが気になるんです。
今回は資生堂のアメニティを使われていました。

僕はプロなので、アメニティの価格は大体頭に入っています。
匂いも泡立ちも当然及第点で、他の方は気が付かないかもしれませんが、素晴らしいと思いました。

でも、以前来た時はポーラのアロマエッセだと思ったけど変わったのかな?と感じました。

男の人がアロマエッセだと、匂いが強すぎると感じたので丁度いいと感じたのですが、女房に効いたら女性側はアロマエッセだったよって言っていました。

そうか(笑)

でも男女アメニティを分けると管理が大変なんですよね。
どちらにしても、アメニティにある程度費用と手間をかけているのも僕は感心します。

こんな風に、ちょっと遠いけど清潔度やクオリティは高いのでお勧めできる施設です。

タグ:
秋葉温泉 花水
花水

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/yunoyama/yunoyama.jp/public_html/blog/mikio/wp-includes/script-loader.php on line 2652