• 0
  • 0
  • 0

どうなる、これからのカメラ事情(マニア目線)

1-1270737684bbRB今日、東京から写真を取りに来たお客様と話をしていて、これからカメラってどうなるでしょうね?

って話をしました。
最近のカメラ市場ってご存知ですか。
僕もよく知りませんがね(笑)

カメランの端くれなので、外国に行くとカメラ店のウィンドウを必ず除きます。
そして驚くことがあります。
殆どどこでも売っているのは日本製カメラが席巻しているのです。

僕的には交換レンズカメラのトップシェアは1位Cannon 2位Nikonで間違いないと思います。
報道やスポーツ写真の世界でも殆どCannonとNikonが殆どです。

報道のNikon スポーツのCannonって感じかな?
でも最近はカメラ業界も年々出荷数を減らしています。

特にコンパクトカメラが売れなくなってきています。
以前は高級一眼レフでイメージを作り、コンパクトカメラを大量に売って儲ける図式でしたが、最近はそれは通用しません。

現在はスマホにカメラ機能が出来が良くなって、さらにCloud化も簡単に出来ちゃう。
手軽、便利で最近はスマホカメラが主力になっています。

Camera_Share

 

 

世界を代表するカメラメーカーの各社売り上げを減らしていますよね。

よく見てください減り方が激しいのが、グレーの部分のコンパクトカメラの落ち込みがすごい落ち込んでいます。

カメラって凄い開発費がかかるらしいです。
そうなると、力のあるメーカーしか最新技術が生まれない心配もあります。

現実にはダントツにCannonが独走してますけどね。
面白い技術を披露しているのが、今度新製品を出したPENTAX K-1ですね。

ついにマニア垂涎の的の一眼レフカメラが発売になる。

SONYなんても個性的なカメラを出していますし、フジフィルムは熱心のファンがいます。
数が少ないだけなんです。

ただ、ややCannonやNikon以外のメーカーが素晴らしい技術を織り込んだカメラを出しても、すぐに廃れちゃうんですよね。

これからは、カメラメーカーは高級一眼レフに強いメーカーしか生き残れなくなりますよね。

頑張れそれ以外のメーカー

タグ:
これからのカメラは?

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ