• 0
  • 0
  • 0

新型コロナは根拠ある情報で恐れましょう。

おはようございます、2回のワクチン接種が終わり10日経過したナステビュウ湯の山社長の高橋です。

大体の人はワクチン接種が終わると、新型コロナに感染しないと思い込んでいる方が多いのではないでしょうか?

アメリカの最新のワクチンに関するデータ

ところが最近のデルタ株はよくわからないようです。ワクチンの接種が進んでいるアメリカの疾病予防管理センターが発表したデータでは

人口10万人当たりで比較しているそうですが

ワクチン接種してもデルタ株はリスクは下がるが感染する。

デルタ株の感染では
ワクチン未接種  179人
ワクチン接種者   21人
だったそうです。
感染に関しては、感染リスクが1/8に減ると言う事で、完全に感染しなくなる訳ではないようです。
ところが、問題は感染した後ですが

重症化、死亡のリスクは大幅に下がるようです。

ワクチン未接種者は人口10万人当たり2~3人入院してお一人が亡くなるそうです。
ところがワクチン接種者は10万人当たり0.1人入院して0.04人亡くなるそうです。

重症化や死亡するリスクは1/25以下になるというデータがでたそうです。

ワクチンを打った方が罹患した場合、2次感染は?

そしてワクチン接種した方が感染した場合、体内のウィルス量は変わらなかったそうです。
つまり2次感染がおこる可能性があると言う事ですが、ただしワクチン接種した方のウィルスは抗体でコーティングされている可能性が高いので2次感染は起こりにくいという意見もありますが、それは今後の研究で明らかになると思います。

ではどうするか?

インフルエンザワクチンも、それぞれの流行に合わせて色々な形のワクチンを接種しますよね。
新型コロナも変異種に合せたワクチン接種する時代が来ると思います。

そしてワクチン接種者もリスクは下がりますが、変異種は感染することが分かっています。
ですから、
1 三蜜を避ける。
2 マスクを着ける。
3 手洗いうがいを頻繁にする。
などにより、さらに罹患の感染の可能性が下がると思います。
※重要と思われる順に並べました。
それでも罹患したら、それは運命です。

データはYoutubeで聞き取ったデータを紹介していますので、多少は間違いもあるかもしれませんが、大筋は違っていないと思います。
ワクチン接種者の対策は、私の主観も入っていますが一般的な事を確実にやるって事ですね。

この事のマスコミ報道は?

今日の新聞やテレビをみていても、正確に伝えているメディアは非常に少ないと感じています。
例えばブレークスルー感染でワクチン打ってもコロナに感染するんだーと言って恐怖を煽っていますね。
たしかに、現在の変異種のデルタ種に関しては、実際にワクチンを打っていても感染する方もいるようです。
しかし、感染率や重症化や死亡率などでは圧倒的にワクチン効果が認められていいるようです。
貴方はマスコミの言う事を信じて、ワクチンを打たないで、恐怖にかられ、自宅にとじこもり、最終的にコロナに罹患し重症化⇒死亡の道のりが良いですか?

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ