• 0
  • 0
  • 0

過去の成功体験を捨てる勇気は大切ですね。

人は過去の成功に縋りつきたいものです。
ましては華々しい実績があれば尚更です。

過去に色々なイベントや取り組みをやった成功は忘れられませんよね。
でも、その成功した取り組み何故やめちゃったのでしょう。
それなりの理由があったはずです。

それに、最初物珍しくて飛びついた

お客様も、次第に飽きて来ているかもしれません。
そして一番問題は過去は過去でしかないのです。
つまり、過去にはどんなに成功しても時代遅れになってしまっているのです。

当館の発行している湯の山新聞も、一時は大きな主客力を発揮しましたが、今は紙の時代ではないですよね。
しかし、これに代わるツールが見つからないのです。
そんな時は一旦捨てればいいのだと思います。
来年発効部数100号になります。
毎月1号ですから8年と4か月になりますね。
相当時代遅れになりましたよね。
コンセプト活かし時代に則したものに変えます。

時代の進化に、どうのり遅れないで付いていくか?
欲を言えば時代の半歩先をいきたいですね。

若い人に昔の自慢話してる人や、酔うと過去の栄光の話をする人は、遺跡です。

古い物は未練なく捨てて、どんどん新しい発想で生み出して行きましょう。
それが出来なくなったら、引退ですかね。?

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ