• 0
  • 0
  • 0

世界のカメラを牽引している最新カメラが出ました。

皆さん、カメラと言ったらどこのメーカーを思い浮かべますか?

大体の人はNikonとかCanonとかを思い浮かべるかもしれません。
所が最近のカメラは先端技術の塊なんです。

最近の一眼レフカメラ

最近は簡単で誰でも写るようなカメラは殆どスマホにとって代わって必要なくなりました。
その代わり高性能のレンズ交換が出来るような一眼高級カメラはどんどん進歩しています。

昔のカメラでは想像できないような事までできます。
例えばWi-Fi機能が充実して、カメラを離れていても、スマホから全てのコントロールが出来のが普通になりました。

集合写真なんて便利ですよね。

そしてオートフォーカスも最近は瞳AF機能と言って、人や動物の瞳に自動的にピントが合う機能も最近は高精度で早くなってきています。
もはやオートの方が人間より正確で速くなって来ているのです。

そんな世界をリードするカメラ産業で、新しいカメラが発表になりました。

先駆的なカメラは?

それはSONYのα7RⅣと言うカメラです。
ソニーのカメラ?と思うかもしれませんが、現在世界の一眼レフカメラの先端を行っているのです。

一眼レフと言ったらフイルム時代はカメラ内にプリズムを設けた従来のカメラが主流だったのを大幅に簡素化したミラーレス方式が主流にしたのもSONYだと言って過言ではありません。

Sonyはカメラの心臓部の光学素子のCMOS センサー(しーもすせんさー)も作っているから、強いですよね。

カメラは画素数ではないですが、このカメラは従来の35mm換算のカメラでは最大の6,000万画素です。
多分ほかのメーカーではないと思います。
画素数を上げると、カメラ内の画像処理エンジンも高性能で早くなければいけません。
さらにⅠ素子にあたる光の量が少なくなる関係で、高感度が難しくなります。

ちなみにキャノンが以前出したEos 5DSシリーズは5,000万画素で最高感度は拡張ISO12800がやっとでした。

しかし今回発表されたSonyのα7RⅣは拡張感度は下限ISO50、上限ISO102400です。
と8倍くらい高感度に強い訳です。
多分同じISO2,000で撮影しても、ノイズの入り方はSonyα7RⅣの圧勝で綺麗な画像が撮れるでしょう。

このくらい凄いカメラです。
値段も40万くらいですから、一般のアマチュアでも買えるカメラですね。

僕も今使っているキャノンカメラが古くなってきたの、今度はソニーにしようと思っていますが、まだ買い替える予定は全くありません。

今回は超マニアックの話題で一般の方は分からないと思いますが、そのくらいカメラの世界は技術革新が凄いって話です。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ