• 0
  • 0
  • 0

文化財(諏訪市:片倉館)の千人風呂に入る。

昨日は写真自然奏例会があったの、茅野市までいって来ました。
ただ行くだけだとつまらないので、途中お風呂に入って行こうと思い、色々考えていました。

まず候補に挙がったのは、地獄谷温泉の後楽館という旅館です。
ここは日帰り入浴も出来、露店風呂はあの有名なお猿さんと一緒に入れる露天風呂です。
僕はお風呂に入る事が目的で、猿を見に行きたい訳ではないので・・・・
昨日は土曜日で込んでいるので、お風呂に入ってもジロジロみられそうで×ですね。
猿と一緒にお風呂に入っても仕方ないよね。

次に諏訪湖のほとりにある、シュールな建物と深いお風呂で記憶にあった片倉館と言う日帰り温泉。
かなり前に入った記憶があるのですが、どうせ入るならと思いだしました。
あそこだったら、特徴的だし行きたい会場の近くだし・・・・
全国でも文化財でお風呂に入れる場所って貴重ですよね。

この片倉館と言うのは旧片倉財閥の建物だったものです。
当時は療養などの目的で建てられたものらしいのですが、立派な建物ですよね。
あの世界遺産の富岡製糸場も最終的には片倉財閥の所有でした。
その方蔵財閥の一部で現在は文化財としての価値もあるのです。
泉質は単純温泉です。
お風呂はGoogolのストリートビューで見れます。
片倉館千人風呂
画像がマウスで移動するので面白いです。
ここのお風呂の特徴は深いんです。
そして底には玉砂利を敷いています。
お風呂の中を歩いていると刺激が気持ちいいです。
特に昼間お風呂に入ると、ヨーロッパ調でローマ風呂って感じで異文化を楽しめます。
それがここの良い点ですね。

お風呂は千人も入れませんが、千人風呂とジャグジー風呂と2種類あります。

毎日入るのにはどうかな?と思います。
僕みたいに、色々なお風呂に入る人が良いかもしれません。

凄いのは2Fの食堂と休憩所なんですね。
そこに行く階段も、空間もすべて素晴らしい空間ですね。

さらに2Fからは展望台に出て諏訪湖を望めたり、特徴的で素晴らしい施設だと思いました。
入館料は¥650でした。
好感できるのは、アメニティはライオンのアメニティを使っていましたが、安物のアメニティとは違い、泡だとも素晴らしく使いやすかったのは好印象ですね。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ