• 0
  • 0
  • 0

同級生による厄払いの旅行

img_3034今日と明日は、同級生の厄払いの旅行です。
弥彦神社で、厄払いのご祈祷とお祓いを、厳かの空気の中で受けました。

そんなの迷信で、科学的で意味ないじゃんという方もおいでですが、まったくその通りだと思います。

でも、僕は一見無駄に思える事でも、日本人のアイデンティとして大事だと思っています。

今日、思った事「ああ、俺って日本人だったよな~」と感じた、小学校、中学校、または高校、さらにその後まで一緒に勉強したり、働いた同期の桜と一緒に、この空間と、時間を共有できることがうれしかった。

img_3037普段は離れていて、ほとんど関係性はないのですが、こうしてしばらくぶりに会うだけで、過去が生き生きとよみがえるのが不思議ですね。

残念ながら、僕は朝も早くから仕事があるので、朝早く戻らなければなりませんが、どうしても出たかった。

img_3039この年齢になると、次はいつ会えるという保証が出来ないのです。
僕たち松之山の同級生は4年に1回づつ集まっていますが、4年前に集まったメンバーも何人かは鬼籍に・・・・

だから、4年後はもう会えないかもしれない、それが自分であっても不思議がないのです。

だから、少し無理だと思ったのですが、どうしても参加したかった訳です。

でも、参加して良かったと思います。
精神的に弱っている今の僕には、元気の素をいただけたと思っています。
我々も60歳になってしまって、会社を卒業するもの、まだまだ現役で第一線で頑張っているもの、いろいろです。

巫女さん、可愛かったな~

巫女さん、可愛かったな~

僕はおかげさまで、もう少し汗を流さないと、年季が明けないようです。
今はすっかりおじさん、おばさんになった仲間を見ていると、本当にみんな老けたと思うけれど、自分は鏡を見ていないのでわからないのですが、それなりに老けたったんですよね。

だけで、意欲は枯れていませんよ。
もう少し活躍できるチャンスをもらった事に感謝し、今日これから宴会で親交をふかめたいと思っています。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ