• 0
  • 0
  • 0

2020~2021版 新潟日帰り温泉 パラダイス販売しています。

Amazonより

新潟日報出版部でだしている「新潟日帰り温泉パラダイス」通称温パラが当館でも買えます。
Amazonでも当館で購入してもお値段は一緒ですが・・・・・・

もし、コンビニ等で見かけたら、手に取ってみてください。
全部で87施設の情報が載っています。
表紙の次の施設の位置が載っている全県の地図も見やすいですが、その次のページには施設の泉質別の一覧表があります。
これも超良いです。
行く前から大体の温泉の泉質が分かるのですから。
プロになると、こんな感じのお湯かな?
って見当つきます。
素晴らしい内容です。
これは前任の編集担当の方がご苦労された成果です。

私は掲載されている殆どの施設に行ったことがあります。
一応お風呂のプロですからね。
超おやじギャグですが(笑)

そして、今年も全施設廻ってみようと思います。
私の廻り方は、1日10施設ほど回ります。
そしてすべてのお風呂に入ってみて、感覚を確かめます。

しかしトータルの滞在時間は20分ほどです。
そうでないと、数廻れません。
でも大体わかりますね。
お客様の雰囲気や、スタッフの動きで繁盛店かそうでないかは分かります。
こんな無駄な作りして・・・・・と思うような施設もありました。

例えば長野県にある十福の湯は誰もいない巨大な露天風呂があります。
標高1,000メートルの地蔵峠にある施設ですから、冬は冷えてボイラーで加温しなくてはいけないから、コスト掛かりそうだな~と思いました。
そしてその露天風呂が塩素の匂いがないのですよ。
何故かというと、巨大な温泉水処理施設がありました。
凄い無駄に見えましたが、それがみ魅力でお客様が大勢駆けつけるのです。
もし駆けつけなかったら・・・・・
怖いですね。

そしてそれが終わったら、当館でワークショップやろうかな?
オススメの施設とか、行く価値のない施設とか(笑)
正直に話しちゃいますよ。
でもネットでは絶対書けませんね。
やったらやり返されちゃうから。
です。

皆さまご期待ください。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ