• 0
  • 0
  • 0

雪下人参の贅沢な生ジュースを作ってみました。

販売している雪下人参

販売している雪下人参1キロ

ようやく、待ち焦がれた雪下人参が出回り始めました。
少し微妙なんですが、秋に収穫して雪の中に保存している人参を「雪中保存人参」と呼んでいます。
特徴は形も、傷も少なく綺麗ですね。
ただ味は本物の雪下人参よりは若干落ちると言われていますが、僕は区別がつきません。

所が雪下人参は割れている&折れている人参が多いのです。
まあ当館で安く売っているのはB品ですから、そういった人参も多いのですが、味は変わりません。

人参は土に生えた状態で、長い冬を越します。
その間、湿度100%で殆ど0℃で、ここが大事なんですが。温度変化がほぼないんですね。
冷蔵庫だとサーモスタットの影響で、温度がばらつきますが、雪の中は殆ど温度変化がないのです。

そんな中で4カ月以上も眠っていた人参を、今掘り出して販売しています。
image雪の中の人参は凍らないように、デンプンを糖やビタミンに替え、僕はアミノ酸も増えていると思います。
だって味にうまみが増しますから。
要するに体の中に不凍液を蓄えるって事ですよね。

さて、こんなにおいしい人参はジュースにして、当館でも販売していますが・・・・・・
実は盲点が。
瓶に入っている雪下人参ジュースは作る過程で殺菌の為に熱処理しているらしいのです。
要するに、生じゃなくなりますよね。

そこで、当館で販売している雪下人参1袋約1キロ¥220円を購入して、当館のジューサーで生ジュースを作りました。

image結果500㏄の人参ジュースが出来ました。
飲んでみたら、超濃い人参生ジュースが出来ました。
味は濃さは勿論ですが、甘さは甘いのですが、味が濃く深いんですよね。
さらに、青臭さはほとんど感じない、別次元の人参ジュースが出来ました。

美味しかった。
image玲子ちゃんも感激して飲んでいました。
毎年飲んでいるけどね。
皆さんも試してみませんか?
販売も検討しますが、絞たては材料から考えると1杯300円位になる感じですよね。
保存は、色が悪くなるので無理があると思います。
少し検討します。

タグ:
生絞り雪下人参ジュース
雪下人参ジュース

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ