• 0
  • 0
  • 0

桜島大根のぬか漬けに挑戦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松之山産の糠と海水で作ったミネラル豊富な塩を使いました。

おはようございます、当館現在桜島大根を育てています。
やはり本場より大きくはなりませんが、普通よりは大型になりますよ。

では、収穫したらどうするか?
お風呂に入れる?
いや、大根はお風呂に入れると沢庵臭くなるのでチョット無理ですね。

ここはオーソドックスにぬか漬けにしてみましょう。
楽しみです。

ではまずぬか床から作ります←そこからかい(笑)
せっかく松之山で作るので糠は地元のコシヒカリの糠を
しかも今年のお米の糠ですよ。

次に塩ですが、ミネラル豊富な海水から作った塩を使いました。
結構高価です。

一キロ1,200円位しました。
まず糠と塩を混ぜます。
夏場だと塩をを効かせるために、糠の12パーセントくらいの塩加減がいいそうです。

今回は冬場なので約10パーセントのお塩を入れました。
そして水を入れ硬めに練って、養生です。
2~3日したら撹拌します。
そうやってぬか床の乳酸菌?が発酵するのを待ちます。
ある程度発行したら、昆布、唐辛子、リンゴを入れてうま味を出すようにします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水を入れて練って養生です。

言っておきますが、僕はぬか漬けは殆ど経験がないです。
だから上手に行くかわかりいませんが、これがうまくいくと夏場はとれとれの野菜のぬか漬けを出せるよね。

さあ、今日からスタートです。
楽しみですね、成功しても失敗しても、このブログで経過は書きますよ。

タグ:
ぬか漬けに挑戦

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ