• 0
  • 0
  • 0
  • 0

お客様は知らない、お風呂清掃の世界

露天のお風呂の殺菌中

おはようございます、今日も僕のブログに来てくれてありがとうございます。
今日は、男性スタッフが日頃お風呂掃除をしていますが、その一部を公開します。

PM10:00 営業終了 
↓ お風呂のお湯を全部落とします。男女内風呂&男女露天風呂
↓ 高濃度の塩素で、壁面を全部消毒します(当社の場合はジョウロで散布します)
↓ 暫く経ったら、デッキブラシでブラッシング
↓ 高圧の水圧で洗浄その後濯ぎ
↓ 新湯を張り掃除完了
これを毎日繰り返しています!

ですから、朝にはすべてのお風呂のお湯は、新しいお湯が張られています。

そして、毎日ではないのですが、数か月に1回循環系の配管洗浄も行っています。
当館は月に1回実施しています、そして今月休館日前日は配管洗浄の日でした。

使っている薬品は企業秘密です(笑)上の写真で見るように、大量の泡が発生して、配管の中を洗浄してくれます。
循環ポンプを最大限にしてお湯を循環しています。
薬剤が高価なため、最低のお湯の量だけ残して循環しています。
写真をご覧になってお分かりだと思いますが、凄い泡ですよね。 この泡に汚れが混じって来るんだそうです。
この薬剤は無害だそうですので、すすぎが多少不完全でも問題ないようです。

配管洗浄は2時間は洗浄するので、トータルで3時間以上かかります。 以前は休館日が無く夜中に行っていましたが。現在は夜消毒して帰り、よく日に洗浄していますので、更に完全な消毒が出来ているのではないかと思われます。

それと、内風呂を塩素殺菌すとき、換気が悪いと息が苦しくなり、咳混んじゃいます。
高濃度の塩素ガスは有害なので、注意しないといけません。そこで、スタッフは完全防備で掃除します。 念のために、防塵メガネとガスマスクで防御して掃除するんですよね。

この写真は僕です。夜中に遭いたくないでしょ。だから清掃中は来ないでね(笑)
内風呂も塩素系から、安全な殺菌剤に変えようかと検討中です。
そうなれば、マスクも必要ありませんしね。

お掃除も試行錯誤をしてきましたが、現在のところ大きくは変わっていません。
最後に僕のデッキブラシさばきをご覧ください。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ