• 0
  • 0
  • 0

松之山で最高の花見処、桜公園が開花し始めました。

今はこんな感じですが!

今はこんな感じですが!

こんにちは、最近寒かったけど、それも長続きせず、今日はまたすごく温かいです。

さて、松之山で最高のお花見処は「桜公園」ですね。
これは、高橋組の私有地ですが、一般の方も入れます。

4.26

満開の桜公園

ただ、休日は会社の構内であることもあり、内部に車を入れない場合もあります。
その場合は下に車を止めて歩いていく感じです。

場所は、松之山温泉入口より500m位手前の、ここです→Googol Map

上から空中写真で見るとこんな感じです。

実はこの桜公園はバブルの産物なんですよ。
当時会社(高橋組)にいましたから、大体わかりますが当時リゾート法が出来、全国にリゾート地が新たに計画されていました。

北海道でもトマムとかも、この時期だったと思います。
当時、高橋組もリゾート地開発を計画していました。
現在本社ののある場所に、大規模なホテルを作る計画もありました。

それら全ての計画が凍結されたのは、当時の社長が心臓発作で急逝して、新しい社長(旧社長だぅった高橋幸作氏)が急きょ新社長になり、それまで進めていたリゾート計画を、すべて凍結したのです。

あのまま進めた場合はどうなったでしょうか?
成功したかもしれません、でも現在の状況を見ると失敗した可能性が高かったかもしれません。

当時の社員は安堵したのは事実です。
そして、すでに買収した土地が残りました。
これを何かに利用しようと、当時の社長故高橋幸作社長と、高橋敏二会長が桜公園を作ったのです。

ゲートボール場も作ったんですが、その後ゲートボール自体下火傾向で利用されなくなり、現在はその場所も桜が植えられています。

最初の桜は、オーナーを募集して植えられました。
現在も石碑に名前が記入されています。image

探してみてください、僕の名前もありますよ。
最初は植えた木に、オーナーの名前があったんですが、現在はわからなくなりました。

でも、一本も桜は枯れていないので、僕らが寄付した桜の木も残っているはずです。

そんな、いいろな事情で誕生した桜公園ですが、最初の桜が平成5年に植樹され、それから徐々に増やされて現在に至っています。

この公園を作るための尽力したのが当時の社長の故高橋幸作氏と高橋敏二氏の両名でした。

お二人がいなければ、桜の新名所は誕生していませんでした。
あれからもう23年も経ったんですね。
当時敏二会長が、松之山には桜を見物する場所がないから、新名所を作ろうよ。
と言っていたのが思い起こされます。

後世に残る偉業まで行きませんが、先人の思いが現在楽しめる場所として皆さんから、集まってもらえる場所になって来たんですね。

さて、その桜公園
今年も良い感じですよ。
普段は斜面が先に咲いて、それから平地となりますが、今年は雪が少なかった影響で、いっぺんに咲きそうです。

さらに、冬の間うそ(野鳥)の被害もなく、本当に沢山の桜が咲きほこりそうです。

今朝行って来たら、咲き始めていました。
今頃は満開になるまで、あっという間です。

多分土曜日には結構見られるほどの咲いているでしょう。
今週の土曜日(4月16日)はお天気もよさそうです。

今度は松之山に花見に来てください。
美人林の新緑も良い感じですよ。
大事なことですが、ついでにお風呂も忘れないように(笑)

この週末の松之山は桜満開+ブナの新緑+日本三大薬湯で決まりですね。

タグ:
2015年松之山サクラ開花予想
松之山一番の桜の名所
桜公園

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ