• 0
  • 0
  • 0

丈夫な体を授かった意味は?

imageこんにちは、実は現在外出先から。ノートパソコンで更新しています。
外に出たとき、パソコンで更新できるか、問題はないのかやってみないとわかりませんね。

Wi-Fi環境がほしい所ですが、贅沢は言いません。

今回はiPhoneで写真を撮影して、デザリングでiPhoneでネットに繋げて更新です。

今日は用事で市街地に来ています。
一番の用事は、同級生が入院しているので、お見舞いを兼ねて励ましに来ました。

闘病生活が長く、2か月ぐらい前に、一時退院の時に会って話をしたばかりでしたが、その後体調を崩し再入院してしまったそうです。

病院は新潟市内で遠いので、地元の病院に転院してきたって話を聞いていたので、本日時間が取れたので来てみました。

仲間からの情報では、あまりよくなって話を聞いてましたから、ある程度の覚悟をしてきましたが・・・・・

実際会ってみると、想像以上に悪くて驚きました。
苦しんでいるとかではないので、気は休まりますが、僕が誰だかかわからないようで、話しかけても全く無反応で、無視だよ。

ちゃんと目は開いているし、意識はあるのですが、話しかけても無反応でなんか切なくなりました。

若い時はさんざんバカやって遊んだ仲間だったのに、病気のせいで仕方ないかもしれませんが・・・・・・・

それが運命なら、受けれるしか無いわけですね。

同じ年代の仲間が病魔に襲われて、人間の尊厳さえ失おうとしている。なんなんだろうと、考えさせられました。

それに比べ俺はなんと幸せなんだろう。
現在同年代の仲間は、そろそろ定年でリタイヤしようとしています。
しかし僕はまだ、ビジネスの最前線で仕事をさせてもらっている。

まだまだ、なんか出来るんじゃないか。
もっと世の中に貢献できることがあるんじゃないだろうか?

昨日まで当然だと思えて考えもしませんでしたが、今こうして、元気で活躍できていることに感謝しなくてはいけないのだと思うし、
僕は精神的にも肉体的にも充実して、頑張れる体を授かっています。

このことは何か意味があるはず、何かをしなくてはいけない天命がある気がしてきました。

帰り道、そんな事を考えてしましました。

タグ:
健康体

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ