• 0
  • 0
  • 0

ペットは可愛いけど、それだけではない。

我が家の愛猫、人相?猫相は悪いですが可愛いです(笑)

我が家の愛猫、人相?猫相は悪いですが可愛いです(笑)

今日の新聞(新潟日報)に猫の話題が載っていました。
猫を飼っている僕はすぐに反応してしまうのです。

それによると、年間保健所で捕獲する野生の猫は約3,000頭で、そのうち2,000頭が殺処分されているそうです。
それを減らそうと市民ボランティア団体が活動しているのだそうです。

猫は可愛いです。
でもそれを飼うには責任が伴います。
一番の責任は子供を産んだ場合どうするか?です。
この対策は、避妊対策しかありませんが当然費用が掛かります。

私は猫を2匹飼っていますが、両方避妊手術済みです。
当家では決まりがあって、飼われる猫は全部避妊することになっています。
ブリーダーではないので繁殖は目的としていません。
それに、ペットにとっても発情がない方がストレスから解放されるし、お互い楽だと考えています。

全ての猫に避妊手術を行うのは費用の面で無理でしょう。
それに当家は完全室内飼いですが、外に遊びに行く猫には色々なネコと交尾する可能性もあります。

子猫は子猫で可愛いのですが、全部飼うこともできず、貰い手も無ければ、保健所に持ち込む形になります。

保健所は一定期間預かりますが、それを過ぎると殺処分となるのでしょう。
悲しい現実ですね。

まだ、ペットビジネスには悲しい現実もあるようです。
猫は子猫の愛らしいうちは、商品価値はありますが、成猫に近付いてくると商品価値が下がり、売れ残ったら悲惨です。

皆さんもペットショップで少し大人の猫が安く売られているのを見たことはありませんか。
それでも売れ残ると、どうなるんでしょう?
考えただけでも寒気がします。

あるペットショップの方から、彼らも仕事ですからね。
全然価値がなく、経費も掛かるようになると、どうなるか大体わかるでしょ!
昔は保健所も引き取ってくれたようですが、最近はそのような例はお断りされるようです。
という話を聞いたことがあります。

いずれにしても、悲しすぎますよね。
何とかならないものかと、心が痛みます。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ