• 0
  • 0
  • 0

いわき湯本「こいと旅館」に来ています。

こいと旅館の玄関、昔ト雰囲気変わりました。

こいと旅館の玄関、昔と雰囲気大分変わりました。

こんにちは、僕たち夫婦は今いわき湯本のこいと旅館に来ています。

僕は二回目ですが、何故?そこまで行ったの?と思っている方もおいででしょうが、それは関係性が、支配人と女将にできているからですよね。
実は何度もお会いして知り合いなんです。勿論、Facebookでも繋がっています。

でも、支配人や女将に会いに来た訳ではなく、今回は東北の温泉旅館のくくりで選ぶと、関係性があるこいと旅館を今回は選ばせて頂きました。

前から女房と一緒に来たかったですよね。
東北の震災復興が3年もたっても、全然進んでいない場所もある現実を見てもらいたかった。
しかし最大のネックは遠いって事なんですが、今回は、松之山温泉で最近支配人に会った事がきっかけでした。

これも人の縁と、ソーシャルの結び付きのおかげですよね。僕は今まで旅館や集客施設を女房と一緒に行って来ました。九州の長湯温泉、北海道の鶴雅ホテルグループ。一緒に体験することで、自分以外の感想も聞ける訳ですよ。
何故良かったか後で色々話が出来るしね。一石二鳥なんです。 さて、今日はスパ・リゾート・ハワイアンでも行って来ますかぁねーぇ
これから相談です(笑)

タグ:
こいと旅館

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ