• 0
  • 0
  • 0

ニワトリパークの中は入らないでくださいね。

おはようございます、今まで鶏と触れ合ってもらう意味で、ニワトリパークの中にだれでも自由に入ってもらっていました。

当館の飼っている鶏は大型の鶏で、ブラマ種と言う種類です。
卵から孵卵器で育てた鶏です。
そういった意味では、本当にかわいい鶏たちですが・・・・・・

大人しいニワトリで性格的には非常に温和だと言われています。
例えば卵の美味しいアローカナ種のオスとかは非常に攻撃性があり、異物の侵入に対して攻撃してきます。

ブラマ種はそんな事はないと思っていましたが、あるお客様からご連絡いただき、中に入った大したことはないが突かれて一部内出血を起こしたとのお話でした。

つまり誰かを傷つけてしまったと言うことです。

冷静になって考えてみると、私たちには非常に従順なニワトリも、すべての方に従順か?
大人から子供までいて、さらに来ている服も違う訳です。

さらに大型の鶏です。
足には尖った爪があり、口ばしは鋭くとがっています。
要するに武器を持っています。

そこで、今後は安全上の理由から中に入ることは、禁止し網の中に指を差し込む行為も禁止させていただく事とします。

他にも怖い思いや、軽いけがをした方もおいでかもしれません。
私たちの認識があまかぅたです。
今後は、ある程度の距離をもぅて触れ合っていただきたいと思います。

ご協力よろしくお願いします。

寒いとヒーターの周りに固まっています。

また、今年から卵を産み始めました。
試しに24個を孵卵器で温めてみました。
そしたら、14匹の可愛い雛が孵化しました。

まだまだ、小さな鶏ですが成長は凄い勢いでしています。
この調子だと。6月中旬から下旬になれば単独飼育でも生き延びれそうです。

そこで、このブラマ種を飼ってみたいお客様、ある一定の条件をクリアすると差し上げます。
但しオスメスの判定は出来ません。
実績ではオスの確率が少なかったのですが、必ずそうなるとは思っていません。

出来ればペットとして飼いたい方です。
オスだと、朝コケコッコーと泣くので近くに家がある人は難しいですね。

一応色々ヒアリングして、この方なら大丈夫と認められた方。

そして飼い切れなくなったら、引き取ることも条件にして貸与します。

但し、食料として飼いたい方、転売を目的として飼いたい方はご遠慮願います。
あくまでも命ですから、軽く見るわけにはいきません。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ