• 0
  • 0
  • 0

なんて可愛いんでしょう。

おはようございます。
ナステビュウ湯の山社長の高橋です。

以前から鶏の卵を購入して、孵卵器で温めていますってこのブログにも書きましたが、ようやく孵化しました。

ニワトリの種類は世界最大級の大きさに成長すると言われてるブラマ種です。
間違えないでくださいね。
ブルマだと変態の分野ですからね(笑)ちなみに↓こんな感じ

ちなみに卵を購入したブリーダーさんは3人、合計25個の卵を購入しました。

そして、途中検卵して、成長していると思わしき卵は12個で最終的に孵化した卵は10個でした。

確率悪いでしょ。
でも予想していました。
3人のブリーダーと言いましたが、すごい差がありました。
まず全体では
25個購入して10羽孵化したので40%の孵化率でしたが

Aブリーダー 14個購入し3羽孵化で孵化率21%
Bブリーダー 7個購入して3羽孵化で孵化率43%
Cブリーダー 4個購入して4個孵化 孵化率100%
で合計10羽ヒヨコが誕生した訳ですが、データにすると恐ろしいでしょ。
孵卵器は正常に動いてくれていたと思います。
だってCブリーダーの卵は100%孵化していますから。
Aブリーダーの成績が悪すぎて、全体の羽化率が悪くなりましたが、ちゃんと管理すれば7割から8割程度の孵化率は確保できそうですね。
やはりリスク回避は分散したお陰でそこそこの成績すね。
Cブリーダーの卵はライトブラマですから、白く黒いゴマブチが入るカッコいい鶏が生まれました。

ちなみに一昨日動画を作成ししました。
ひたすら10分間ヒヨコを取っている動画ですが、趙可愛いんですね。
ブルマ種だから足が太いのは勿論ですが、おしりも可愛いしね。

しかし、これから熾烈な生存競争があります。
松之山にはカラス、鷹、テン、イタチ、キツネなどニワトリを狙っている動物が沢山います。
その動物から守ってやるのは私の役目で、完璧さが求められます。
でも、せっかく生まれた命です。
大切に育てます。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ