• 0
  • 0
  • 0

つい、本を予約してしまった!

Amazon:イリコ/ポートレート撮影より

紹介した本は3/1発売でAmazonからも購入できます。

 

超マニアックの話かと思うかもしれませんが、実は違うんです。
僕がある本を買うまでの消費行動の話です。

実は僕は仕事でも写真を撮影しています。
特に湯の山新聞用に、撮影しています。
しかし一番の悩みはスタッフの写真です。

男性はそれほど拘りませんが、女性スタッフはなるべく上手に撮ってあげたいよね。
きれいに撮ってあげないと、次回嫌がしね。

湯の山の新聞に使うときは殆どは切り抜いて使うので、バックのボケはあまり関係ありません。
問題は光だけですね。

僕は風景を撮影しているので、光の重大性は十分わかっています。
人物を綺麗に写すには柔らかい昼間の光が大事なんですよね。

例えば夕方太陽が傾いてからの光を使うと、人物の肌が赤っぽくなります。
さらに木々の木漏れ日を使うと、葉っぱの緑色がかぶって、肌の色が緑色に傾いたりします。

特に若い女性には、綺麗な肌色を再現してあげたい。
そんな気持ちから、僕が一番使う光は、曇りの日の逆光の条件で、そのままだと顔が光量不足で黒くなってしまいます。

そこで、大きなレフ版(反射板)で光を顔に当ててあげると、綺麗に撮影できます。

でも、これだと時間も条件も限られてしまいます。
そこで、昼間でもストロボを使って撮影すると、雨でもどんな条件でも綺麗に撮影出来ていいかなと思っています。

色々Youtubeの動画を見ていると、面白い動画を発見しました。
それがIlko Allexandroff です。

チャラい外人のイリコさんが、女性のポートレートのノウハウを色々動画にして公開しているんですね。
僕はその日中シンクロ(昼間にストロボを使うテクニック)をみて、感銘を受けました。

プロはこうやってストロボ使っているのか。
非常に参考になったし、テクニックも教えてもらえたんですね。

そのイリコがさらに詳しく、ポートレートを解説した本を出すと言う事でした。
3/1発売なのですが、思わず予約注文してしまいました。

このように、無料ですが、惜しみなく技術やコツを教える人には信頼が持て、さらにその人が有料のコンテンツ(今回は書籍)を出しても、信頼しているので、そちらも消費してしまうと言う話です。

今年はスタッフの写真も綺麗に撮影できるかな?
楽しみです。

タグ:
信頼による消費行動
無料のコンテンツから有料のコンテンツ

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ