• 0
  • 0
  • 0

問い合わせ殺到!今年の(2016年)のリンゴ祭りは11月26日です。

リンゴの生産者の方です。案外若いでしょ!

リンゴの生産者の方です。案外若いでしょ!

最近リンゴ祭りのお問い合わせを多数いただいています。

今年のリンゴ祭りは

新しい湯の山ニュースでもわかりますが、今年のリンゴ祭りは11月26日(土)です。

時間は到着して販売するまでに1時間位掛かります。丸茂ファーム
毎年の到着時間が8時半ころから9時ごろになります。
それから準備するので、販売は9時から10時の間に開始できると思います。

今回販売するのは、丸茂ファームさんが独自で行っているので、当館が開催している訳でありません。

ですから、予約販売とか取り置きが出来ませんので、予めご了解お願いします。

この直接販売のメリットはリンゴ農家から直接購入でき、美味しいと言う事です。

例えば道路で販売している業者さんがいますが、一般的には美味しくないっていうのが定説です。
聞いた話によると、試食用のリンゴは美味しいリンゴを用意しているという話を聞きます。
皆さんも、道路で売っているリンゴやさんから購入して失敗した方は居ませんか?

所が当館の販売しているリンゴは、毎年お客さんが増えているんですよ。

それと反比例して販売できるリンゴの量が確保できない問題も出ました。
丸茂ファームのお一人の方は産直自家販売も行っています。
ご自分のお客様も年々増えて、それを消化するのに四苦八苦されているようです。

このように、毎年状況は大変な感じになってきています。

100箱限定で売り切れ御免だそうです。

今年は全国的にリンゴが不作だそうです。
それに伴って、リンゴの品不足が生じっているらしいです。
今回は販売できるリンゴを100箱確保してもらいましたが、それが無くなると販売完了になるそうです。

時間は昨年は夕方4時ごろまであったのですが、今年は不明です。
もしかすると2時ごろには売り切れになるかもしれません。

現物が無くなった時点で、販売終了だそうです。

丸茂ファームさんのリンゴは何故美味しい?

では、なぜ丸茂ファームさんのリンゴは美味しいのでしょうか?
リンゴの美味しさは甘み&酸味&味の深さで決定します。

甘みは糖度計で測れます、僕が立ち合いで丸茂ファームのふじを測ってもらった時は16度から18度ありました。
一般的なフジの糖度は14度~16度だそうです。
糖度は
十分で、適度な酸味が加わり、さらに・・・・・・

アミノ酸が豊富で味が深いのです。
ただアミノ酸は測れないので、どの位含まれているかわかりません。

しかし夏場から海藻を醗酵させて、寝かした特殊な肥料を葉面散布したりして、木にアミノ酸を蓄えさせ、それがリンゴに蓄えられるような裁判方法をしています。

飯綱でも、この栽培方法を行っているのは丸茂ファームさんしかありません。
だって見た目は全く同じですが、肥料が高価な事と、手間がかかる事を考えると大変なんですね。

丸茂ファームさんのリンゴは安全なんです。

さらに、丸茂ファームさんは減農薬栽培にも取り組んでいます。
肥料を全く使わない栽培方法もあるらしいですが、一般的ではありません。

そこで、なるべく残留性の少ない農薬で、散布回数を減らす減農薬栽培が主流になっています。

タグ:
2016リンゴ祭り

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ