• 0
  • 0
  • 0

怪我→入院→祝本日退院しました。

長らくブログを放置してしまって、もうし訳ございません。
実は怪我をしてしまい、そのまま12日間緊急入院して、今日退院してきました。

実は、経緯はこんな感じ↓

PM5:30頃

9/19日 夕方自宅で、少しだけ台風の予防をしていました。
所が脚立の中間部で、かがんだ時足を滑らせ、そのまま転倒
かなり痛かった、頭も強く打ってメガネが45℃位斜めにズッテしまっていた。
メガネ壊したか?と思ったが、後で何ともないこと分かった。
しかし、痛くてしばらく動けませんでしたが、痛みに強い私は、やっと動いて、家の中で横になり、休んでいました。

PM6:00頃

女房が帰ってきて、どうしたのと聞かれたので簡単に経緯を話しました。
元看護婦の女房は、一応大事を取って今日医者に診てもらった方が良いよと、病院に診てもらえるかどうか電話したてたが、十日町病院の救命だったら、と言うことで急遽救急車を呼んで十日町病院へ

PM7:00

十日町病院で頭部から上半身のCTを取ってもらう。
結果は・・・・・
上半身は骨には異常はないようですが、頭は脳内で出血しているので、このまま脳外科のある基幹病院に、救急搬送

基幹病院でもCTを撮影したが十日町病院のCTと比較してみたが、殆ど出血は増えていないので、今日は救急病棟で様子を見て、明日安定していたら、一般病棟で1~2週間安静にしてもらうと言うことで、この時点で入院決定

1日目

救急救急外傷センターでの一晩は、頭が痛い事と環境が激変したことで、ほとんど寝れませんでした。
点滴を打っているのですが、おしっこが出たくなるのです。
トイレに行かせてほしいと言うと、動けないのでベットで尿瓶にするように言われた。
何度か挑戦したが、布団の中で寝ながらおしっこは無理です。
3から4回目の挑戦で、ようやく成功。

初期はこんな感じ
パンチドラッカー見たい。

2日目

落ち着いたので、朝から一般病棟に移動しました。
とりあえず、4人部屋が空くまで個室に入れてもらった。
今度は非常に落ち着く。
目を閉じたたら、すぐに眠りに入ってしまう。
相変わらす、おしっこは尿瓶です。
この時期、頭は内側から鈍い痛みで、普段私は体温は低いのですが、普段より1.5℃ほど高めです。
多分炎症反応で、熱があるんだろう。
一日24時間あるのですが、20時間ぐらい寝たんじゃないでしょうか!
とにかく、目をつむるとすぐに寝ちゃう。
それに、売った覚えはないのですが右目が腫れて、目が開かない。
こんな感じが、4日目まで続く。

5日目

でも目の周りには、内出血の跡が痛々しい。

ようやく、トイレにも行けるようになり、男なら立っておしっこしたいよね。
このころから、少しづつ食欲も回復して、回復しているのが自分でもわかります。
この頃は逆に寝れない(笑)
体温も平熱に戻り、食欲も少しづつ出てきています。
この時期は、回復期ですね。

7日目から11日目

顔もだいぶまともになってきました。

もう全然大丈夫。
仕事がしたくて、いろいろ新しいチャレンジの事を考える。
記憶も問題なさそう。
頭の回転も大丈夫そう。
後は退院を待つまで。

お見舞いについて。

今回は、コロナウィルス蔓延の影響で、完全にお見舞いが出来ません。
病人の立場で言うと、たまの、仲の良い友人のお見舞いは、非常にストレス解消になります。
逆にあまり親しくない人が入れ替わり立ち返り来るとストレスになりますよね。
この辺は難しい所です。
私は親しい友人何人かに電話して、いろいろ話をしましたが、非常に気分転換になりました。

入院中について

最初は早く家に帰りたいと思いました。
しかし、次第に病院の医療スタッフやすべてのスタッフの、献身的なお仕事で、入院中は非常に快適にすごく事が出来ました。
私ばかりではなく、多くの患者さんが助けられていると思います。
皆さんのプロ意識と、献身さ、誠実さは本当にありがたかった。
退院の時は、名残惜しささえ感じました。
本当に皆さん、お世話になりました。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

“怪我→入院→祝本日退院しました。” への3件のフィードバック

  1. 押尾泰行 より:

    突然ブログ更新が消えたのでどうしたことかと、思っておりました。
    まさか怪我とは思いませんでしたが、再起不能に成るような怪我とは思いませんでしたが、これからはこのようなことが多くおこることになりますので、身の安全策は充分に取りましょう。まだまだ若い、なにくそとは思わず充分に注意して、頑張ってください。

  2. 押尾泰行 より:

    突然ブログが途絶えたのでどうしたことかと気にかけておりましたが、まさかの事態とは思いませんでした。
    大事に至らなくて良かった。たとえ身のたけの高さでも戦意喪失の事態になりますので、高所作業と思い充分に身の安全に注意を払って仕事をしてください。
    年齢と共に要注意ですので天災時はあわてずゆっくり構えて行動を・・・

    • mikio より:

      押尾さん、ありがとうとうございます。
      青天霹靂でしたね。
      今回は、いい経験は出来たのですが、会社のスタッフや家族に迷惑をかけてしまいました。
      また、お客さまにもご迷惑をおかけして申し訳ございません。
      徐々に現場復帰していきますのでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページの先頭へ