• 0
  • 0
  • 0

運のいい人、運の悪い人。

おはようございます。
今朝ご来光風呂の準備していたら、軽トラのフロントガラスが凍っていて驚きました。

まだまだ、寒いんですね。

さて、皆さんは運の悪い人と運のいい人っていると思いますよね。
長い間の差は大きいですよね。
世の中不公平だ!と考えている方は多いのではないかと思います。

しかし、その考えは間違ってます。
神は全ての人々に公平なのです。
運のいい人に幸運を。
運の悪い人に不幸をふるい分けている訳ではありません。

ただ、神は幸運の種と不幸の種を公平に貴方に差し出しているにすぎません。

その幸運の種もあなたが育てる事により、大きく育ったり、全然育たなかったりします。
幸福の種は、育てるに難しくて、甘やかすと途中で不幸の木に変わっちゃう事もあります。

不幸の種も、早めに気づき対応すると、それほど大きく育ちません。
そして神は、とてつもなく大きな不幸の種を配る事があります。
それは、予測も出来ない時に、気まぐれに配ってくるのです。
その種も一生懸命真摯に対応していると、ずっと先になりますが幸福の木に変わる事が多いのです。

ただし、人はそれぞれ生まれた時から、スタートが違います。
良い環境に生まれた人、劣悪な環境に生まれた人ではスタートは違いすぎますが、ご安心ください。

私達は今生まれた環境で、修行をしに来ているのです。
そして、それを何度も繰り返しているのです。
人々はそれを輪廻転生とか言いますが、何度も繰り返すことにより、魂は浄化され、素晴らしい魂になっていくのです。

修行が進んだ素晴らし魂を宿した肉体も素晴らし人格の人になります。
逆にその反対は、まだ魂の修行が足りな人なので、何度か繰り返していると、魂も格が上がって人格者になります。

また、この前世の記憶は、記憶にはありませんが魂には残っていて、自然と練習もしないのに出来ちゃうのです。

例えば素晴らし音楽家は、同じ努力をしていても、結果が大きく違う事があります。
私は風景写真をやっていて、才能のある人にはかなわないと思った事があります。
これも前世の記憶のなせる業なのです。

さて、神は全ての人に公平に幸福と不幸の種をくれると言いました。
種と言う表現は誤解を招くかもしれません。

こんなイメージなのです。

貴方は人生と言う道を歩いています。
そのスピードは全ての人に公平に与えられている道です。
例えば一日は24時間で、一年は365日です。
過ぎるスピードも同じです。
そして、それぞれ長さは違いますが、決められた時が来れば魂は天に帰っていくのです。

そして、無数の種と言う分かれ道を用意してあるのです。
その道は、3つに分かれていて、今より良くな道、悪くなる道、今と同じ道と分かれているのですが、ここでルールがあって、同じ道を通っていると、長い間に少しづつ悪くなるように設定されています。
だから3~4回に一回は良い道を選ばないと、少しづつ悪くなってしまいます。

百戦錬磨の魂は、この道がはっきり見えるのですが、普通の人は全く見えません。
後で、今自分が無意識で選んだ道はこうだったと分かるだけです。

今日もあなたは、一日と言う道を歩き始めました。
でも神は凄い種(分岐点)を用意しているかもしれません。

でもご心配に及びません、現状がどんなに悪くても、これから良い道を選択していけば、だんだん良くなっていきます。
だんだん悪くなっていると感じている人は、自分自身で悪い道を選択し続けている結果です。
人々は結果だけ見て、との世の中は、運の悪い人いい人がいる、神は不公平だと感じているに過ぎないのです。

さあ、これから、その見えない分岐点を見てみましょう。
しかしその道を見る目は、清く正しい眼が無いと見えないのです。
さあ、今日も一日あなたの人生を充実させ、良い道を選ぶようにしましょう。
そして多くの方が一日を感謝と笑顔で過ごせるようになったら良いですね。

ちなみに、私は神と言うう言葉を頻繁に使っているので、宗教にかぶれたかと思うかもしれませんが、全然特定の宗教を支持している訳ではありません。
もし、貴方の信じている事と違っているのであれば、それは貴方の人事ていることが正しいのだと思います。

書き始めたら長、くなって申し訳ありません。
今日最後まで読んで頂き感謝します。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ