• 0
  • 0
  • 0

温泉でストレスは軽減されるのか?

一般的に、温泉に入るとストレス軽減にも役立つと思われています。
実際に温泉に入ると、気が楽になったとか、ストレス軽減の経験はたくさんしていますが、、、、、、

ネットで検索しましたが医学的な研究資料が無いんですね。
人間には(笑)
僕が見つけられないだけかもしれませんが、その代わり面白い資料が見つかりました。

地獄谷の入浴するサルの研究

お隣の長野県の地獄谷のサルが入浴する事はあまりに有名ですが、その温泉に入るサルを京大が研究した結果が見つかりました。
科学雑誌「ニュートン」にも掲載されていましたしね。

サルのふんから、ストレスの目安となるホルモン「グルココルチコイド」の濃度を分析したそうです。
すると季節的には冬季にストレス物質のグルココルチコイドが入浴したサルと入浴を全くしないサルとでは、20%も減少していたという結果が発表されています。

入浴するサルはほとんどがメスで、位の高いサルほど入浴時間が長かったという結果も発表されています。

この事を分析すると。

夏場はストレス物質軽減は見られなかったそうですが、なぜ冬場に?
そのような結果になったかということですが、長野の高地に住むサルにとっては、冬季間は寒さも-10℃にもなる厳しい地域です。
さらに、発情期と重なり、メスにとってはストレスの多い季節なのだそうです。
つまり、寒さのストレス+発情のストレスが重なり、サルにとっては受難な季節なわけですが、それが温泉入浴する事により軽減されることが証明されたデータではないでしょうか?
サルの場合ですが(笑)
しかも、群れの中で位の高いサルほど入浴時間が長かったという事ですが、偉くなるとストレスが多くなるのは、人間もサルも同じだな~と思いました。

私の経験

実は私も、当館の温泉が温泉が止まる前の月に、ストレスで眠れない日々が続きました。
その頃になると、前兆現象もあったり、連休の直前の準備があったりでストレスMaxだったんでしょうね。
その時休養を取ってある温泉に行きました。
そこは不感温帯の温泉でした。

前夜2時間ぐらい入浴して、朝早く1時間くらい入浴した結果、なんか吹っ切れた気がしました。

それから、何があっても対応する覚悟ができた気がします。
今まで、体の中のストレス物質で負けそうだったのが、温泉でストレス物質が軽減されたおかげで、前向きになれたと認識しています。

この経験で、ストレスを感じたらゆっくりできる温泉地で休むようにします。

まとめ

あくまでも経験則になってしまいますが、ストレスを感じたら温泉に入りに行くと良いのです。

そしてその温泉は、できればあまり熱くない長時間入浴できるような温泉が良いのです。

そこで、長時間入浴することによりストレス物質が軽減され、体もストレスの負担から少しは解放されるので、よい方向に向かうのではないでしょうか?
この場合も早めの対処が良いのは言うまでもありません。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ