• 0
  • 0
  • 0
  • 0

最近AIって大丈夫?って思っています。

人手不足でいろいろな業界が悲鳴を上げています。
当館も人手不足で困っていましたが、今は少し落ち着いています。

サービス業のAI化

最近人不足でサービス業が危機に瀕しているってことが言われています。

僕もAIが進化してAI化できれば、多少高くてもそうしようかと思っていました。

本当にAI化は有効か?

?????
と思っています。

例えばコンビニがAIで無人化した場合は、人間の確保の面は心配なくなります。
でも売上はどうなるでしょうか?

サービスを利用するのは人です。
でも、提供するのが機械ではどうなんでしょうか?

ホスピタルを提供する温浴業にはAIで良いのでしょうか?

経験では、こんな結果が出ました。

当館も人間確保の関係や、超過労働が厳しくなってきて、接客場面を減らして対応しました。
その結果は・・・・・

はっきり目に見える形で結果に表れています。
逆を言うと、人間が接客しても無表情でマニュアル接客だったらAIと変わらないってことになりますよね。
慣れれば心配ないのかもしれませんが・・・・・

機械にはできない、人間が行う接客

この経験から、色々なことを学びました。

人が人に接客することが大切だと思います。
マニュアル接客が悪い訳ではないですが、あまりに味気なく人が接客するのであればプラスアルファが必要だと思っています。

やっぱり人が人を呼ぶんですよね。
なんかそれが接客の原則なんだと改めて感じました。
業績が思わしくないと思ったら、接客頻度を上げるような構成に変えることも一つの手ではないでしょうか?

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ