• 0
  • 0
  • 0
  • 0

あ~やっぱり変わっていた。

どうしてだろう、良いものはすぐに変わっちゃうよね。

昨日もブログに書いたけど、ある旅館のお風呂。
滅茶気に入っていて、今まで同じ旅館なんて行ったことないのに、僕が年に2~3回
年によっては4回以上も行っていた旅館があります。
何故か?
それはあるお風呂がすごく良かったから。
泉質も素晴らしい。
そして浴槽も小さいけれど本当に良い感じで工夫も素晴らしい。
さらに夜の照明
音(温泉が湯船に注がれる音、小川のせせらぎなど)のハーモニーが素晴らしい。
こんな浴槽でゆっくり目を閉じ、お湯に浸るのが贅沢だと思ったから。
ここは男女入替になるので、入れない場合もあるけど、そしたらまた今度来た時に入ればいいと思える。

僕にとっては素晴らしいお風呂なんです。
それが昨年改修をしました。
形は殆ど一緒
でも照明も追加され明るくなりました。
そして、強力な換気扇も導入され換気も良くなりました。
その代わりに手に入れたものは、明るくなりすぎる浴槽内
そして、良くなった換気の代償は「換気扇のゴーと言う音」
うるさくて、今まで感じた音はかき消されています。

せっかく完璧なお風呂が台無しです。
これからは年に1回行くかどうか???
足は遠くなると思う?

そして、昨日行った日帰り温泉
夏に行った時に、素晴らしい女性受付の職員が居ました。
これまでに見た事のない満面の笑顔で出迎えてくれた。

本当に素晴らしい。
しかし他の職員はそれほど笑顔が無い。
きっと彼女だけなんだろう。
多分長く続かないかも?
そんな気がした。

そして、昨日3カ月ぶりに行ったら、その彼女はいませんでした。
いたのは、モナ・リザのほほえみの女性でした。
受付はモナ・リザのほほえみだと相手に伝わりません。

彼女はお休みなのか?多分退社したのだと思います。
他と異質なので、いられなくなったのかもしれません。

それってすごく惜しい事なのに。

その施設昔はすごかったけど・・・・・
最近はね~
進歩が無いし、メンテがね~

残念な事の連続でしたが、だったら自分でそんなお風呂を作ってやろうかと思いました。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ