• 0
  • 0
  • 0

心からオメデトウを言おう。

友達や知り合いが、良い事があった時。

例えば宝くじが当たったとかですよね。
そんな時貴方は心からオメデトウを言えるか?

何であいつだけに当たるんだ、俺だって買ったのに!
とか、神は不公平だ!
そんな思いをしてませんか?

あんまり詳しく書けないのですが、僕は友達が、素晴らしい成果を出し棒新聞に取り上げられたとソーシャルネットで投稿していました。

そのSNSを見て複雑な気持ちになりました。
そらそら、俺の成果は新聞にも載ったんだぞと言う波動を感じてしまったんですね。
やっぱり、何があっても「良かったね!」と言う純粋な気持ちをもてなかったのです。

何故か?
本人の人間性もあるかもしれませんが、最大の問題点は僕自身の心の狭さにあるのだと思います。

僕は生涯、こんな成果は取れないでしょう。
同じ成果をあげた別な友人の時はこんな感情は持たなかったのに。

不思議なものです。
他の人に良い事が起こって、それに対してやっかみや嫉妬を抱く人は絶対同じことは起きないのです。

ナステビュウ湯の山でスパービンゴをやった時、3日間で1位が3人出ました。

その三人が驚くほど似ていました。
高齢者で笑顔なすてきな方で、穏やかな方でした。
人の悪口や、妬みとは縁のない方に見えました。

そういった方が運のいい人なんですね。

そういえば、当館も離職した職員もいましたが、現在もまだ連絡を取っています。
変わりないかい。
頑張ってやってる?
困った事があったら相談に乗るよ!って話をしています。

以前は辞めたら他人だと、割り切っていました。
そうする事で、新しく入って来る方が素晴らしい方が来てくれるのです。

上の話と似ているでしょ。
世の中、そんな風に出来ているような気がします。
人を素直に褒められる人になる事、そして人を悪く考えない事は上に立つ人間として重要な要素だと思えました。

そんな事を考える事が出来るのは、15か月の試練のお陰と感謝しています。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ