• 0
  • 0
  • 0

若く見られる為に、やらなくてはいけない事。

この方65歳なんですが、この時とあまり変わらない。

この方65歳なんですが、この時とあまり変わらない。

僕も還暦(60歳)になって、意識する事。
それは老け込みたくないって事です。

アンチエイジングとはチョット違うんですよね。
それから、若く見える化粧法とかも今回の趣旨とチョット違うのです。
いつまでも若々しくいられるには、どうしたらよいかって事を考えてみたいと思います。
僕ら還暦年代になると、同級生で集まると、同じ年齢なのに見た目に大きな差が出ます。

個人的には、僕は男性なのでそう感じるのかもしれませんが、より女性の方が差が大きいと思えます。

さて、そこで今回は若々しくいつも保つために何をすればよいか考えてみます。

若く見える人の特徴

では、若く見える人の特徴ってどんな特徴があるでしょうか?

〇言葉や動作に覇気があり、いつも生き生きと活動している。

〇着る物も、何となく自分流のファッションセンスがあり、似合う服をいつも着ている。

〇食べ物に気を付け、標準体重を維持している。

〇いつもスポーツをしている。

〇内面や考え方も若く、いつもアクティブだ。

〇若い人が聞くような音楽を聴いている。

〇若い人と同列で話をしている。

〇肌がきれい。

〇いつも恋をしている。

〇自分を高めるために、勉強や努力を怠らない。

〇上質な芸術を愛している。

と言う感じで、思いつくままに書きつらねてみました。
これを分類してみると。

具体的に分類すると。

美容系

やはり外見も大切ですよね。
若作りしろって事じゃないんですね、似合っている服をちゃんと着こなすって事も大事だし、白髪を染めるのではなく、ヘアースタイルも自分に合うすたタイルを意識しようって事です。

〇着る物も、何となく自分流のファッションセンスがあり、似合う服をいつも着ている。
〇肌がきれい。

前向き行動系

幾つになっても活動的に行動している人は、若々しくなおかつエネルギッシュに感じますよね。
それに常に何かにチャレンジしている人はカッコいいですよね。
そう言えば、映画「地上最速のインディアン」って映画、ニュージーランドの裕福でないお年寄りが、バイクの最高速度記録に挑戦する映画でした。
あの主人公は実在する方らしいですが、カッコよかったですね。

〇言葉や動作に覇気があり、いつも生き生きと活動している。

〇いつもスポーツをしている。

節制&自分磨き系

才能は磨かなければ光らないものです。
常に鍛錬を怠らないように、自分磨きをして置きましょう。
また、体形維持も大切です。
バランスのとれた食生活で、標準体重維持は基本です。

〇自分を高めるために、勉強や努力を怠らない。

〇食べ物に気を付け、標準体重を維持している。

五感刺激系

五感って言えますか?視覚・嗅覚・聴覚・味覚・皮膚の感覚の5つです。
五感をいつも刺激しないと、徐々に鈍って来ます。
だから、絵画やアートの芸術を見る。
アロマなど常に利用する。
音楽を良く聞く。
たまには外食で美味しい食事を食べる。
などなどが有効だと思います。

〇上質な芸術を愛している。

〇若い人が聞くような音楽を聴いている。

恋愛系

これって結構大事だと思います。
特に女性は大事で、結婚している方が不倫しなさいって進めているわけではなく、憧れの方や、好意を持つ異性を意識しましょうって事です。
恋をして、ウキウキした気分になると、ホルモンの分泌も増え、本当に若返るって人もいるらしいです。

〇いつも恋をしている。

〇若い人と同列で話をしている。

次回(多分明日)は若々しい芸能人はどうやって若さを保っているか書きたいと思っています。
ご期待ください。

タグ:
いつまでも若々しく、いるには。

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ