• 0
  • 0
  • 0

この時期に楽しみ、小松原湿原の花たち!

毎年この時期に小松原湿原に行くと、色とりどりの花が咲いています。それを見るのも楽しみですが、どんな花が咲いているか紹介します。

_MG_2899まず、道中楽しませてくれるのが、ブナ林の「ギンリョウソウ(銀竜草)」
非常に清楚で、美しい花ですね。
道中を楽しませてくれる花です。
白く清楚な爽やかな花ですね。

_MG_2913小松原湿原の代表選手は「ワタスゲ」の花ですね。
これは、当たり年もあるようですが、今年は少なかったのかな?
昼間暇なので、ワタスゲを見ていると、色々あります。
個性があるんですよ。
会話したりしているように見えて楽しいです。

そして、湿原の女王の「_MG_2932トキソウ」ですね。

今年は花の数が少なく、綺麗な花の撮影は出来ませんでしたが、本当にきれいです。

湿原に咲く可憐な花です。
_MG_2941

この黄色い花は「キンコウカ」だと思います。
この花も可憐ですね。
よく見るときれいなんですよ。

_MG_2916「イワイチョウ」です。
一株に沢山の花が咲いていますので、豪華に見えます。
この時期の湿原の主役の一人ですね。

_MG_2940「ウラジオヨウラク」の花です。
木に沢山の花が鈴なりに咲いて豪華に見えます。
この木は秋になると紅葉も綺麗ですね。

_MG_2929調べたけど、何の花か分かりませんでしたが、可愛い花ですよね。

後気になる事があります。
今年はコバイケイソウが殆ど咲いていませんでした。
やっぱり当たり年とかあるんでしょうか?

まだまだ、花の見ごろは続くと思います。
機会がありましたら、トレッキングにどうぞ。

タグ:
小松原湿原の花たち

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ