• 0
  • 0
  • 0

ツバメ君と仲良くします。

_MG_3180この写真、玄関の手すりに止まっているツバメ君です。
撮影した距離は1メートルぐらいの近距離で撮影しました。

全然人間を恐れていません。
最近ですよね、こんな感じでツバメと良い関係になれたのは。

以前はツバメの巣を掛けると、水道の水で洗い落とすか、撤去するかの鼬ごっこでした。

問題はうるささと、ひなの糞ですね。
現在もナステビュウ湯の山の大広間の一部のガラスは、ツバメの糞で汚れています。
imageこんな感じですよね。
露天風呂の入り口にも掛けます。
しかし、今年から自由にやらせています。
1~2カ月たてば、巣立ちます。
巣立って使わなくなった巣は秋には撤去します。

以前はツバメ対策で、おもちゃの蛇とか近くに置いてみました。
すると、玩具みたいな蛇だと、すぐにツバメが慣れて効果なくなります。

リアルなゴム製の玩具蛇だと、今度はお客様から「蛇がいる」苦情を頂きます。
説明しても、驚かすようなものは良くないって怒られます。
ツバメの糞が落ちていると、不潔だと怒られます。

どうすればいいの(笑)
このように仁義なき戦いを繰り広げてきましたが、最近は自由にやらせています。

どうしても、不味い場所にかけた場合は撤去しますが・・・・
それから、ツバメもリラックスして子育てをしてくれるようです。

ツバメの糞はなるべく早く掃除していますが、子育て中はお客様も少し多めに見てあげてください。
少しの譲り合いで、共存は可能なはずです。

タグ:
ツバメとの闘い

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ