• 0
  • 0
  • 0

天気予報の精度をさらに上げる方法。

0皆さん、どんな天気予報を見ていますか?
テレビの天気予報や、新聞の予報を見ていますか?

かなり遅いですね(笑)
今はスマホで天気予報を見ている方が多いのです。
その方が地域限定で見れるので詳しく分かるんですね。

所が今日みたいなお天気だと、提供している所で変わりますよね。

例えばある所は曇りの予想なのに、ある所では小雨の予想だったり?
流石に晴れの予想をしている所はないでしょうけどね?

僕はYahoo!天気の十日町市の予想を見ています。
それでも完璧か?と言うとそうでもありません。

そんな時気圧計を参考にするとさらに精度が上がりますよ。
例えば現在のお天気が曇りだったとします。
今後の予想は曇りでしたが、気圧が少し下がってきた場合は雨になる確率が高くなります。

また逆に気圧が上がってきた場合は、晴れる可能性が高くなります。

そんな風に気圧計を補足的に使うと、天気予報がさらに精度が上がります。
ちなみに
41iI7cxB4DL
Amazonで気圧や温度、電子コンパス、高度計で防水なんです。
山にもって行くには最適ですよね。

とつい買っちゃいました(笑)
でもAmazonでは2,210円+送料でした。
さらに自宅にも古いですが大きな気圧計があります。

僕はそれを参考にお天気の補足にしています。
更にスマホのiPhone6以上のお持ちの方、気圧測定機能がついています。
無料のアプリもあるので、結構使えますよね。

ちなみに、冬になると気圧が上がると雪が降り、夏と逆転します。
面白いですね。

タグ:
天気の補足に気圧を見る
気圧

今回も最後まで読んでいただいて、有難うございました。

このブログはBlogランキングに参加しています。

バナーをクリックして応援いただけると嬉しいです!

応援よろしくお願いします(^^)

ページの先頭へ